ハファエル・カバウカンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハファエル"フェイジャオ"カバウカンチ
基本情報
本名 ハファエル・カバウカンチ
(Rafael Cavalcante)
通称 フェイジャオン (Feijao)
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1981年1月11日(33歳)
出身地 サンパウロ州イーリャ・ソルテイラ
所属 ブラック・ハウス
身長 186cm
体重 94kg
リーチ 188cm
階級 ライトヘビー級 (Strikeforce)
スタイル 柔術ボクシング
テンプレートを表示

ハファエル"フェイジャオ"カバウカンチRafael "Feijao" Cavalcante、男性、1981年1月11日 - )は、ブラジル総合格闘家サンパウロ州イーリャ・ソルテイラ出身。チーム・ノゲイラ/X-GYM所属。元Strikeforce世界ライトヘビー級王者。ハファエル・フェイジャオンとも表記される。

アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラアンデウソン・シウバらとトレーニングを行なっている[1]柔術がベースであり黒帯を取得しているものの、打撃技を中心に試合を組み立てている[1]

愛称である「フェイジャオ(Feijao)」はポルトガル語で「」を意味する。ハファエル・フェイジャォンハファエル・フェイジャオなどとも表記される。

来歴[編集]

10歳の時にサンパウロのマルコ・バルボーザの下で柔術を始めた。大学在学中にアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに誘われ、リオデジャネイロでトレーニングを行なうようになった[1]

2006年2月10日、ブラジルでプロ総合格闘技デビュー。

2007年2月23日、初参戦となったIFLでデヴィン・コールと対戦し、TKO勝ちを収めた。

2007年6月16日、IFL: Las Vegasでマーシオ・"ペジパーノ"・クルーズと対戦し、反則となるキックを繰り出し反則負けとなった。

2008年2月16日、初参戦となったEliteXCでジョン・ドイルと対戦し、KO勝ち。EliteXCでは3連続KO勝ちを記録した。

Strikeforce[編集]

2009年6月6日、Strikeforce初参戦となったStrikeforce: Lawler vs. Shieldsマイク・カイルと対戦し、TKO負けを喫した。当初はジャレッド・ハマンと対戦予定であったが、対戦相手が変更となった[2]。11月20日、ShoMMA: Strikeforce Challengers 5でアーロン・ロサと対戦し、右膝蹴りでダウンを奪ったところにパウンドで追撃しTKO勝ちを収めた[3]

2010年5月15日、Strikeforce: Heavy Artilleryでアントウェイン・ブリットと対戦し、スタンドパンチ連打によるKO勝ちを収めた[4]

2010年8月21日、Strikeforce: HoustonでStrikeforce世界ライトヘビー級王者キング・モーに挑戦し、肘打ち連打でTKO勝ちを収め王座を獲得した[5]

2011年3月5日、Strikeforce: Feijao vs. Hendersonで行なわれたStrikeforce世界ライトヘビー級タイトルマッチでダン・ヘンダーソンの挑戦を受け、右ストレートでダウンを奪われたところにパウンドで追撃されTKO負けとなり王座から陥落した[6]

9月10日、Strikeforce: Barnett vs. Kharitonovヨエル・ロメロ・パラシコと対戦し、パウンドでKO勝ち[7]

2012年5月19日、Strikeforce: Barnett vs. Cormierでマイク・カイルと再戦し、開始33秒でギロチンチョークで一本勝ちを収めるも、試合後に薬物検査の結果で禁止薬物の陽性反応が出たと発表され、試合結果はノーコンテストとなった。

UFC[編集]

2013年6月8日、UFC on Fuel TV 10でUFC参戦。チアゴ・シウバにKO負け。

2014年6月14日のUFC 174ではライアン・ベイダーと対戦。双方に決定打を欠いたものの、ポジショニングで劣勢となり判定負け。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
18 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
12 11 1 0 0 0 1
5 3 0 1 1
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ライアン・ベイダー 5分5R終了 判定0-3 UFC 174: Johnson vs. Bagautinov 2014年6月14日
イゴール・ポクラヤッチ 1R 1:18 TKO(スタンドパンチ連打) UFC Fight Night 32 2013年11月9日
× チアゴ・シウバ 1R 4:29 KO(スタンドパンチ連打) UFC on Fuel TV 10 2013年6月8日
- マイク・カイル 1R 0:33 ギロチンチョーク Strikeforce: Barnett vs. Cormier 2012年5月19日
ヨエル・ロメロ・パラシコ 2R 4:51 KO(膝蹴り→パウンド) Strikeforce: Barnett vs. Kharitonov 2011年9月10日
× ダン・ヘンダーソン 3R 0:50 TKO(右ストレート→パウンド) Strikeforce: Feijao vs. Henderson
【Strikeforce世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2011年3月5日
キング・モー 3R 1:14 TKO(肘打ち連打) Strikeforce: Houston
【Strikeforce世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2010年8月21日
アントウェイン・ブリット 1R 3:45 KO(スタンドパンチ連打) Strikeforce: Heavy Artillery 2010年5月15日
アーロン・ロサ 2R 3:25 TKO(右膝蹴り→パウンド) ShoMMA: Strikeforce Challengers 5 2009年11月20日
× マイク・カイル 2R 4:05 TKO(パンチ連打) Strikeforce: Lawler vs. Shields 2009年6月6日
トラヴィス・ガルブレイス 1R 3:01 TKO(膝蹴り連打) EliteXC: Unfinished Business 2008年7月26日
ウェイン・コール 1R 1:47 TKO(膝蹴り&パンチ連打) EliteXC: Return of the King 2008年6月14日
ジョン・ドイル 1R 2:17 KO(ボディへの膝蹴り) EliteXC: Street Certified 2008年2月16日
× マーシオ・"ペジパーノ"・クルーズ 3R 3:42 反則 IFL: Las Vegas 2007年6月16日
デヴィン・コール 2R 0:26 TKO(パンチ連打) IFL: Atlanta 2007年2月23日
フーベンス・マキュラ 1R 2:30 ギブアップ(パンチ連打) Minotauro Fights 5 2006年12月9日
ミオドラグ・ペトコヴィチ 2R 1:37 TKO(膝蹴り&パンチ連打) WFC: Europe vs. Brazil 2006年5月20日
エドゥアウド・マイオリノ 1R 4:13 TKO(パンチ連打) Pantanal Combat 2006年2月10日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
キング・モー
第5代Strikeforce世界ライトヘビー級王者

2010年8月21日 - 2011年3月5日

次王者
ダン・ヘンダーソン