ハビーブ・ブルギーバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハビーブ・ベン・アリー・ブルギーバ
Habib Ben Ali Bourguiba
Bourguiba 1960.jpg

任期 1957年7月25日1987年11月7日

任期 1956年4月11日1957年7月25日

出生 1903年8月3日
モナスティル
死去 2000年4月6日(満96歳没)
モナスティル
政党 新憲政党
配偶者 マティルド・ロレン(離婚)
ワッシラ・ベン・アンマル(離婚)

ハビーブ・ベン・アリー・ブルギーバHabib Ben Ali Bourguiba, 1903年8月3日 - 2000年4月6日)は、チュニジア政治家ブルギバ、若しくはブールギバとも記される。チュニジア王国第2代首相、チュニジア共和国初代大統領を歴任した。西欧化を目指したことから、トルコケマル・アタテュルクとよく比較された。離婚を合法化したり、一夫多妻制を非合法化したり、女性の結婚可能年齢を17歳に引き上げるなど、女性地位向上につとめた。

モナスティルで、中産階級の家に生まれた。19歳の時、ナショナリズム政党である憲政党に入党。1924年、フランスに留学し法律と政治を学ぶ。ソルボンヌ大学で学んでいるとき、マティルド・ロレン(1890年-1976年)というパリ生まれの女性と出会い、結婚。マティルドはイスラームに改宗し、モーフィダと名乗った。1927年帰国。数年間は国内の社会経済問題の矛盾を研究。1932年、新聞アクション・チュニジエンヌ(L'Action Tunisienne)創刊。1934年、新憲政党結成と同時に書記長となったが、フランスにより逮捕され、砂漠中のキャンプに抑留された。

1943年カイロに亡命。北アフリカのフランス植民地解放を推進する国際運動を進めた。フランス側が譲歩してチュニジア改革案を出した1949年に一時帰国を許されたが、1952年に再逮捕され、再度亡命。国外で独立運動を指導。1955年、フランス・チュニジア交渉の進展を見て帰国。1956年3月20日、チュニジアはチュニスのベイ(太守)を君主とする立憲王国チュニジア王国)として独立し、3月25日の選挙で新憲政党を中心にして結成された民族戦線が圧勝。ブルギーバは初代首相となった。

1957年、封建的な国王を廃し、自ら初代大統領に就任。1960年、ビゼルトにあるフランス軍基地の実力奪還をはかり、対仏関係を悪化させた。このビゼルト危機の最中の1961年、モーフィダ夫人と離婚。1962年にワッシラ・ベン・アンマル(1912年-1999年)と再婚。ワッシラはチュニスの大統領宮殿で政治に影響力を行使したとも言われていたが、1986年に離婚した。ブルギーバは、一時はエジプトナセル大統領に接近したが、1965年の対イスラエル宥和発言によって離反。その後親欧米政策を採り、セネガル初代大統領のレオポール・セダール・サンゴールニジェール初代大統領のアマニ・ディオリなどと共にフランコフォニー国際機関の設立に尽力した。

ブルギーバと最初の妻モーフィダ、左端は夫妻の一人息子ハビーブ。1956年

1964年以来、チュニジア的社会主義を提唱し、新憲政党を社会主義憲政党と改称し、1969年に大統領に再選された。

1980年代に入ると、貧困とイスラム原理主義との戦いが主となった。1982年にはレバノン内戦ベイルートから脱出したパレスチナ解放機構PLO)をチュニスに受け入れた。1987年退任。


公職
先代:
ムハンマド8世アル=アミーン英語版
(チュニジア王国元首)
チュニジアの旗 チュニジア共和国大統領
初代:1957 - 1987
次代:
ベン=アリー
先代:
タハル・ベン・アンマルフランス語版
Flag of Tunis Bey-fr.svg チュニジア王国首相
第2代:1956 - 1957
次代:
ベヒ・ラドガム英語版
(チュニジア共和国首相)