アマニ・ディオリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hamani Diori, 1968

アマニ・ディオリ(Hamani Diori1916年6月6日-1989年4月23日)は、ニジェール政治家ジェルマ人ニジェール共和国初代大統領(在任1960年11月10日-1974年4月15日)。

人物[編集]

1916年、当時のフランス領ニジェール植民地の首都ニアメ近郊の村で生まれる。セネガルダカールにある教員養成校で学び、ニジェールで教鞭をとった後、パリへと渡った。1946年、ニアメで校長を務めていたとき、ニジェール進歩党(Nigerien Progressive Party、PPN)を結成し、党首に就任。アフリカ民主連合に加盟し、そのニジェール支部として親仏的な政策を掲げ、従兄弟である社会主義者ジボ・バカリニジェール民主同盟と対立した。

1958年フランス第五共和政が成立し、ニジェールに自治政府が誕生すると、ディオリは自治政府首相に就任し、1959年にはバカリを亡命させた。

1960年、ニジェール独立とともにディオリは初代大統領に就任した。ディオリはセネガルのサンゴールらとともにフランコフォニー国際機関の設立に尽力するなど、親仏的立場を取りながら外交で成果を挙げたが、国内ではPPNの一党支配を敷いてバカリのサワバ党など他党派を弾圧し、また経済面でも経済運営に失敗し、国民の不満は募っていった。

1974年にはサヘル地帯で大旱魃が置き、国内の家畜の60%にあたる約100万頭の家畜が失われ、また2年間皆無作が続いたため、ニジェール経済は疲弊した。さらに救援物資の横流しや対策の失敗が問題となり、1974年4月15日セイニ・クンチェ国軍総参謀長がクーデターを起こし、ディオリ政権は崩壊した。ディオリは6年間投獄され、1980年に出所した後も1987年まで自宅軟禁におかれた。

自宅軟禁が解かれた後、ディオリはモロッコに移住し、1989年4月23日にラバトで息を引き取った。

関連項目[編集]

公職
先代:
(創設)
ニジェールの旗 ニジェール共和国大統領
初代:1960 - 1974
次代:
セイニ・クンチェ
先代:
Adamou Mayaki (en)
(創設)
ニジェールの旗 ニジェール共和国外相
第3代:1965 - 1967
初代:1960 - 1963
次代:
Abdou Sidikou (en)
Adamou Mayaki (en)
先代:
(創設)
ニジェールの旗 ニジェール自治政府首相
初代:1958 - 1960
次代:
(廃止)