ハインリッヒ・ドルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハインリッヒ・ドルン
Heinrich Dorn
Heinrich-Dorn.jpg
基本情報
出生 1804年11月14日
Flag of Prussia 1892-1918.svgプロイセン王国 ケーニヒスベルク
死没 1892年1月10日(満87歳没)
ドイツの旗 ドイツ ベルリン
ジャンル クラシック
職業 作曲家指揮者ジャーナリスト

ハインリッヒ・ルートヴィヒ・エグモント・ドルンHeinrich Ludwig Egmont Dorn 1804年11月14日 - 1892年1月10日)は、ドイツの指揮者作曲家ジャーナリスト

生涯[編集]

ドルンはプロイセンケーニヒスベルク(現在はロシアカリーニングラード)に生まれた。その地でピアノ、歌唱法、作曲を学び、後にベルリンに赴きルートヴィヒ・ベルガーベルンハルト・クラインカール・フリードリヒ・ツェルターに師事した。ドルンの最初のオペラRolands Knappen」は1826年に初演され、成功を収めた。この頃、彼は「ベルリン一般音楽新報 Berliner allgemeine Muzikzeitung」の共同編集者となった。

ドルンはオペラ指揮者として知られるようになり、各地の劇場に職を得る。ケーニヒスベルク(1828年)、ライプツィヒ1829年-1832年)、リガ1834年-1843年)、ケルン1844年-1848年)である。1849年に彼はヴィルヘルム・タウベルトと共にベルリン国立歌劇場の指揮者となり、1869年までその職にとどまった。

ドルンは若きシューマン対位法を教えており、またリストの友人でもあった。ワーグナーには厳しい批判を浴びせていたが、説得された末に1855年にオペラ「タンホイザー」を指揮している。また1853年には「ニーベルンゲンの歌」に基づくオペラ「ニーベルンゲン Die Nibelungen」を書いているが、これはワーグナーが「ニーベルングの指環」を完成させる何年も前のことであった。

ドルンは1892年にベルリンで息を引き取っている。

著作[編集]

  • Spontini in Deutschland (Leipzig, 1830)
  • Aus meinem Leben (Berlin, 1870–77)
  • Das provisorische Statut der Königlichen Akademie der Künste in Berlin (Berlin, 1875)

音楽作品[編集]

  • Rolands Knappen (1826)
  • Der Zauberer und das Ungetüm (1827)
  • Die Bettlerin (1828)
  • Abu Kara (c. 1831)
  • Der Schöffe von Paris (1838)
  • Das Banner von England (1841)
  • Die Nibelungen (1854)
  • Ein Tag in Russland (1856)
  • Gewitter bei Sonnenschein (1865)
  • Der Botenläufer von Pirna (1865)

出典[編集]

  • Robert Eitner: Dorn, Heinrich. Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Volume 48, Duncker & Humblot, Leipzig 1904, p 35–37. (ドイツ語)
  • Willi Kahl: Dorn, Heinrich. Neue Deutsche Biographie (NDB). Volume 4, Duncker & Humblot, Berlin 1959, p. 79. (ドイツ語)
  • Peck Leverett, Adelyn, and Fifield, Christopher. "Heinrich Dorn". Grove Music Online (subscription access).

外部リンク[編集]