ノース・グリニッジ駅 (ロンドン地下鉄)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノース・グリニッジ駅
North Greenwich station
Northgreenwich.jpg
ノース・グリニッジ駅の位置(グレーター・ロンドン内)
ノース・グリニッジ駅
ノース・グリニッジ駅
グレーター・ロンドン内におけるノース・グリニッジ駅の位置
位置
所在地 グリニッジ SE10 0PH 北緯51度30分02秒 東経0度00分13秒 / 北緯51.50056度 東経0.00361度 / 51.50056; 0.00361
行政区 グリニッジ・ロンドン特別区
駅情報
運営 ロンドン地下鉄
所有者 ロンドン地下鉄
路線 ジュビリー線
駅構造 地上駅
ホーム数 3
利用可能 バリアフリー・アクセス
ゾーン 2と3
地下鉄年間乗降員数
2005年 9.604百万人[1]
2007年 17.28百万人[1]
歴史
1999年
開業

座標: 北緯51度30分02秒 東経0度00分13秒 / 北緯51.500556度 東経0.003611度 / 51.500556; 0.003611

ノース・グリニッジ駅 (North Greenwich station) は、1999年に開業したロンドン地下鉄ジュビリー線の駅である。トラベルカード・ゾーンは23に位置する。

その名前にもかかわらす、歴史的に知られるノース・グリニッジ地域内に当駅はない。また、1872年から1926年にあったノース・グリニッジ駅とはまったく違う。当駅はThe O2(旧ミレニアム・ドーム)に隣接していて、テムズ川のサウス・バンク、グリニッジ・ペニンサラ(グリニッジ半島)の北端に位置する。厳密に地下鉄駅はマリタイム・グリニッジよりチャールトンのほうが近い。しかしそれは、名前の最善な説明を与えられているがほとんどは、グリニッジ・ロンドン特別区の北端に位置する。

ノース・グリニッジはジュビリー線の最大の駅で、1時間当たり約20,000人の乗客に対応できる。そして、ジュビリー線のカナリー・ワーフ駅カニング・タウン駅間で、2000年にミレニアム・ドーム(現在のThe O2)で予想される大量の乗客に対応するように設計された。

2番線ホーム

一部列車は2番線に入線し発車する。工事などで本線が使用不可能な場合、2番線を利用する。


ノース・グリニッジ駅のジュビリー線のホームは当駅のバス・ステーションと同じ位置に配置されている。

著名な青いタイルと印象的なインテリア、内部のコンクリートの柱がある巨大な地下空間を建築家ウィル・オルソップによって建築された。画像は環境建設委員会(CABE)のケーススタディから利用できる[2]

隣の駅[編集]

ロンドン交通局
ロンドン地下鉄
ジュビリー線
カナリー・ワーフ駅 - ノース・グリニッジ駅 - カニング・タウン駅

バスターミナル[編集]

このバスターミナルからはルート108、129、132、161、188、422、472、486である。

脚注[編集]

  1. ^ a b Transport for London - London Underground performance update
  2. ^ North Greenwich Underground Station”. Commission for Architecture and the Built Environment (CABE). 2008年3月1日閲覧。