フィンチリー・ロード駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィンチリー・ロード駅
Finchley Road
Finchley Road tube entrance.jpg
フィンチリー・ロード駅の位置
フィンチリー・ロード駅
グレーター・ロンドン内におけるフィンチリー・ロード駅の位置
位置
所在地

フィンチリー・ロード

北緯51度32分50秒 西経0度10分49秒 / 北緯51.54722度 西経0.18028度 / 51.54722; -0.18028
行政区 カムデン・ロンドン特別区
駅情報
運営 ロンドン地下鉄
路線 メトロポリタン線
ジュビリー線
駅コード ZFR
ホーム数 4
ゾーン 2
地下鉄年間乗降員数
2005年 8.836百万人[1]
2007年 9.778百万人[1]
歴史
1879年
1939年
1979年
開業(MR)
ベーカールー線開業
ベーカールー線支線をジュビリー線に編入
その他
外部リンク 時刻表駅の構造
駅の施設バス路線・停留所

座標: 北緯51度32分50秒 西経0度10分49秒 / 北緯51.5472度 西経0.18027度 / 51.5472; -0.18027

フィンチリー・ロード駅(英語:Finchley Road station)は、カムデン・ロンドン特別区、フィンチリリー・ロードとカンフィールド・ガーデンの交差点に位置し、ジュビリー線スイス・コテージ駅ウェスト・ハムステッド駅メトロポリタン線ベイカーストリート駅ウェンブリー・パーク駅の間、トラベルカード・ゾーン2にあるロンドン地下鉄の駅である。

駅名にかかわらず当駅はフィンチリーから数マイル南にある。当駅はフログナル及びサウス・ハムステッド地区を駅勢圏とする。

歴史[編集]

当駅は1879年6月30日メトロポリタン鉄道ローズ駅(1940年廃止)からの延伸線の駅として開業した。駅舎は1914年に店舗が入った複合建築として改築されている。

1930年代中期、メトロポリタン線各支線からの列車が集中するフィンチリー・ロード - ベーカー・ストリート間の線路容量は限界に達していた。この集中を緩和するため、ベーカー・ストリートのベーカールー線トンネルからフィンチリー・ロードまでのシールド工法の新線が建設された。メトロポリタン線スタンモア支線の機能は1939年11月20日にベーカールー線スタンモア支線に引き継がれ、ベーカー・ストリートに流れ込む乗客が分散、メトロポリタン線を通過する列車数が削減された。ベーカールー線スタンモア支線は1979年5月1日にジュビリー線に編入された。

フィンチリー・ロード駅は1927年までは近隣のミッドランド鉄道の駅名でもあった。廃駅後はミッドランド・メイン・ラインを走るトラムリンクから見ることが出来る。

駅周辺施設[編集]

  • O2センター(大型ショッピングセンター)
  • ウエイトローズ(スーパー)、1981年開業。この場所には以前ジョン・ルイス系のデパートがあった。
  • ナチュラル・ナチュラル(日本食材店)

隣の駅[編集]

ロンドン交通局
ロンドン地下鉄
ジュビリー線
ウェスト・ハムステッド駅 - フィンチリー・ロード駅 - スイス・コテージ駅
メトロポリタン線
本線
ウェンブリー・パーク駅 - フィンチリー・ロード駅 - ベーカー・ストリート駅

ギャラリー[編集]

トリビア[編集]

トンネル工事時の地質分析で、この場所が氷河期ブリテン島北半分を覆っていた氷河の端であることが判明した。BBCのテレビ番組でも取り上げられている。[1]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Transport for London - London Underground performance update