ニューヘイブン郡 (コネチカット州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コネチカット州ニューヘイブン郡
ニューヘイブン郡の位置を示したコネチカット州の地図
郡のコネチカット州内の位置
コネチカット州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1666年
郡庁所在地 無し、1960年以降郡政府が無くなった。
過去の郡庁所在地
ニューヘイブン
最大の都市 ニューヘイブン
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

2,233 km2 (862.02 mi2)
1,569 km2 (605.64 mi2)
664 km2 (256.38 mi2), 29.74%
人口
 - (2010年)
 - 密度

862,477人
549.5人/km2 (1,423人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4

ニューヘイブン郡: New Haven County)は、アメリカ合衆国コネチカット州の南部中央に位置するである。2010年国勢調査での人口は862,477人であり、2000年の824,008人から4.7%増加した[1]。人口では州内第3位である。人口密度は1,340人/平方マイル (517人/km2) となる。郡内には人口で州内10傑に入る都市が2つある。ニューヘイブン市(第2位)とウォーターバリー市(第5位)である。

コネチカット州の郡政府は1960年に廃止された。州内の他の7郡と同様に郡政府も郡庁所在地も無い。1960年まではニューヘイブン市が郡庁所在地だった。州内では市や町が、消防と救急、教育、雪かきなど地方政府活動の責任がある。隣接する町が学校や病院など特定の資源を共有する場合もある。ニューヘイブン郡は地図上で町の集まりに過ぎず、特別な行政権限は無い。郡保安官の仕組みも2000年の住民投票で州司法マーシャルに置き換えられた。その結果ニューヘイブン郡の司法体系は、ニューヘイブン、アンソニア・ミルフォード、ウォーターバリーの3つの地区に分割された。

歴史[編集]

1666年5月10日、ハートフォードのコネチカット植民地議会の法により、4つの郡が作られた。フェアフィールド郡ハートフォード郡ニューヘイブン郡ニューロンドン郡だった

郡となったときのニューヘイブン郡には、ミルフォード、ニューヘイブン、ギルフォードの町があった。1670年、ウォーリングフォードの町がニューヘイブン北の未編入領域に設立され、1671年に正式に郡に付加された。1675年、ダービーの町がミルフォード北に設立された。1686年、ウォーターバリーが設立されたが、ハートフォード郡の一部となり、後の1728年にニューヘイブンに移管された。1722年、コネチカットの北西部大半がニューヘイブン郡の管理下に入った。ただしリッチフィールド町が例外だった。それから8年後の1730年、北西部の東半分がハートフォード郡に移管された。1738年半ばまでに、ニューミルフォード、シャロン、ソールズベリーの各町を例外として、北西部の全体がハートフォード郡の中に入った。1751年、リッチフィールド郡が北西部の町全てを集めて設立された。1780年から1807年、ニューヘイブン郡北郡境に近くに幾つかの町ができ、境界を調整することになった。1807年10月8日に設立したミドルベリーの町によって、最後の郡域調整が行われた[2]

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は862.02平方マイル (2,232.6 km2)であり、このうち陸地605.64平方マイル (1,568.6 km2)、水域は256.38平方マイル (664.0 km2)で水域率は29.74%である[3]

西岩

特徴的な地形[編集]

地形は海岸部近くのほぼ平坦なところから、低い丘陵まであり、北郡境近くのみで高度を上げている。郡内最高地点は郡北端に近く、ウォルコットの町にある2地点であり、標高は 1,050 フィート (320 m) である。最低地点は海面である。

特徴あるランドマークとして、カーメル山、別名スリーピング・ジャイアント、東岩と西岩がある。

隣接する郡[編集]

ニューヘイブンの南はロングアイランド湾である。

国立保護地域[編集]

  • スチュワート・B・マッキニー国立野生生物保護区(部分)

郡政府と政治[編集]

1960年から州内の郡は郡政府を持っていない。ニューヘイブン郡という名前は地理的な区域としてのみ参照される。市民サービスは町が行う。1つの町を越えた問題であるインフラ、土地利用、経済開発などは、各町を調整する地域機関が設立されてきた。ニューヘイブン郡内の地域機関として次のものがある。

  • サウスセントラル[4]
  • セントラル・ノーガタック・バレー[5]、一部はリッチフィールド郡も入る
  • ザ・バレー[6]、一部はフェアフィールド郡も入る

司法[編集]

郡の領域内にアンソニア・ミルフォード、ウォーターバリー、ニューヘイブンの3つの司法地区がある。各地区それぞれには上級裁判所がある。

警察機能[編集]

郡域内の警察機能は各町の警察署が担当している。2000年以前は、令状の執行、囚人の移送、裁判所の安全保障、廷吏、郡と州の執行のために郡保安官部が存在していた。これらの機能は現在コネチカット州マーシャル・システムに肩代わりされている。

消防[編集]

消防機能は各町で担当している。幾つかの町は消防地区を決めてその部分を担当させている。

郡全体では1937年に設立した「ニューヘイブン郡消防緊急対応計画」と呼ぶ消防機関があり、「相互の協力を行い、要請に応じて大災害のときの支援を行い、訓練を施す」こととされている[7]

上水道[編集]

上水は、サウスセントラル・コネチカット地域上水局と呼ばれる非営利公共団体が提供している。郡内のほとんどの町に上水を供給しているが、ウォーターバリー市の地域とギルフォードとマディソンの各町が例外である。この様な郡が所有する公共上水供給団体は、州に2つしかない。

教育[編集]

教育は通常、町政府によって管轄されている。人口の少ない町は複数で地域教育学区を作っている。ベサニー、オレンジ、ウッドブリッジの各町が第5地域に入っている。ミドルベリーとサウスベリーが第15地域、ビーコンフォールズとプロスペクトが第16地域である。

大都市圏[編集]

アメリカ合衆国行政管理予算局がニューヘイブン郡を、ニューヘイブン・ミルフォード大都市圏に指定している[8]。2012年7月1日時点で、アメリカ合衆国国勢調査局はこの都市圏を人口で国内第62位に挙げている[9]

行政管理予算局はさらにこの大都市圏をニューヨーク・ニューアーク・ブリッジポート広域都市圏の構成要素に指定した[8]。この広域都市圏はその人口で国内最大である[9][10]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口
1790 30,703
1800 32,162 4.8%
1810 37,064 15.2%
1820 39,616 6.9%
1830 43,847 10.7%
1840 48,619 10.9%
1850 65,588 34.9%
1860 97,345 48.4%
1870 121,257 24.6%
1880 156,523 29.1%
1890 209,058 33.6%
1900 269,163 28.8%
1910 337,282 25.3%
1920 415,214 23.1%
1930 463,449 11.6%
1940 484,316 4.5%
1950 545,784 12.7%
1960 660,315 21.0%
1970 744,948 12.8%
1980 761,337 2.2%
1990 804,219 5.6%
2000 824,008 2.5%
2010 862,477 4.7%
2012(推計) 862,813 0.0%
U.S. Decennial Census[11]
2012 Estimate[12]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 824,008人
  • 世帯数: 319,040 世帯
  • 家族数: 210,566 家族
  • 人口密度: 525人/km2(1,361人/mi2
  • 住居数: 340,732 軒
  • 住居密度: 217軒/km2(563軒/mi2

人種別人口構成(2008年時点)

先祖による構成

  • イタリア系:24.5%
  • アイルランド系:12.3%
  • ポーランド系:6.0%
  • イギリス系:5.7%
  • ドイツ系:5.6%

言語による構成[13]

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 24.5%
  • 18-24歳: 8.7%
  • 25-44歳: 30.0%
  • 45-64歳: 22.4%
  • 65歳以上: 14.5%
  • 年齢の中央値: 37歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 92.5
    • 18歳以上: 88.7

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 31.2%
  • 結婚・同居している夫婦: 48.6%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 13.6%
  • 非家族世帯: 34.0%
  • 単身世帯: 28.2%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 11.0%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.50人
    • 家族: 3.08人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 48,834米ドル
    • 家族: 60,549米ドル
    • 性別
      • 男性: 43,643米ドル
      • 女性: 32,001米ドル
  • 人口1人あたり収入: 24,439米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 9.5%
    • 対家族数: 7.0%
    • 18歳未満: 13.0%
    • 65歳以上: 7.7%

都市と町[編集]

村は町の中に挙げているが、町とは別の法人化された存在ではない。

  • アンソニア市
  • ビーコンフォールズ町
  • ベサニー町
  • ブランフォード町
  • チェシャー町
  • ダービー市
  • イーストヘイブン町
  • ギルフォード町
  • ハムデン町
    • オーガービル
    • センタービルシティ
    • ダンバーヒル
    • ハムデンプレーンズ
    • ハイウッド
    • ミックス地区
    • マウントカーメル
    • スプリンググレン
    • ステイトストリートコネチカット
    • ウェストウッズ
    • ウィットニービル
  • マディソン町
  • メリデン市
  • ミドルベリー町
  • ミルフォード市
    • デボン村
    • ウッドモント・ボロ
  • ノーガタック・ボロ
  • ニューヘイブン市
    • アミティ
    • シーダーヒル
    • シティポイント
    • ダウンタウン
    • イーストロック
    • フェアヘイブン
    • フェアヘイブンハイツ
    • ロングワーフ
    • ミルリバー
    • クィニピアックメドウズ
    • ウェストビル
    • ウースタースクエア
  • ノースブランフォード町
    • ノースブランフォード村
  • ノースヘイブン町
  • オレンジ町
  • オックスフォード町
  • プロスペクト町
  • シーモア町
  • サウスベリー町
  • ウォーリングフォード町
    • イェールズビル村
  • ウォーターバリー市
  • ウェストヘイブン市
  • ウォルコット町
  • ウッドブリッジ町

教育[編集]

ニューヘイブン郡は先進教育の中心として機能している。ニューヘイブン市を中心に著名な高等教育機関がある。

  • アルバータス・マグナス・カレッジ
  • ゲイトウェイ・コミュニティカレッジ
  • ノーガタックバレー・コミュニティカレッジ
  • ペイア芸術カレッジ
  • ポスト大学
  • クィニピアック大学
  • 南コネチカット州立大学
  • ニューヘイブン大学
  • イェール大学

郡内の組織[編集]

  • ニューヘイブン郡弁護士協会[14]
  • ニューヘイブン郡カッターズ

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - New Haven County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ Newberry Library -- Connecticut Atlas of Historical County Boundaries
  3. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2013年4月13日閲覧。
  4. ^ South Central
  5. ^ Central Naugatuck Valley
  6. ^ The Valley
  7. ^ CFPC: New Haven County Fire Emergency Plan. Ct.gov (2002-10-17). Retrieved on 2013-07-26.
  8. ^ a b OMB Bulletin No. 13-01: Revised Delineations of Metropolitan Statistical Areas, Micropolitan Statistical Areas, and Combined Statistical Areas, and Guidance on Uses of the Delineations of These Areas”. United States Office of Management and Budget (2013年2月28日). 2013年3月20日閲覧。
  9. ^ a b Table 1. Annual Estimates of the Population of Metropolitan and Micropolitan Statistical Areas: April 1, 2010 to July 1, 2012 (CSV)”. 2012 Population Estimates. United States Census Bureau, Population Division (2013年3月). 2013年3月20日閲覧。
  10. ^ Table 2. Annual Estimates of the Population of Combined Statistical Areas: April 1, 2010 to July 1, 2012 (CSV)”. 2012 Population Estimates. United States Census Bureau, Population Division (2013年3月). 2013年3月20日閲覧。
  11. ^ U.S. Decennial Census”. Census.gov. 2013年7月17日閲覧。
  12. ^ Annual Estimates of the Resident Population: April 1, 2010 to July 1, 2012”. Census.gov. 2013年7月17日閲覧。
  13. ^ Language Map Data Center. Mla.org (2013-04-03). Retrieved on 2013-07-26.
  14. ^ New Haven County Bar Association

外部リンク[編集]

座標: 北緯41度21分 西経72度54分 / 北緯41.35度 西経72.90度 / 41.35; -72.90