ドミトリー・パヴロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドミトリー・グリゴリエヴィッチ・パヴロフロシア語: Дмитрий Григорьевич Павлов1897年10月23日 - 1941年7月22日)は、ソビエト連邦軍人上級大将ソ連邦英雄独ソ戦初期の敗戦の責を取らされ、銃殺。

経歴[編集]

コストロム県ヴォニュフ村(現コストロム州コログリフスキー地区パヴロフ村)の農家に生まれる。1914年、ロシア帝国軍に志願したが、負傷し、捕虜となる。

1919年から赤軍に入隊し、ロシア共産党(ボリシェビキ)に入党する。ロシア内戦時、騎兵連隊の小隊長、中隊長、連隊長補佐として、南部、南西、トルケスタン戦線で戦う。1922年、オムスク高等騎兵学校、1928年、M.V.フルンゼ名称軍事アカデミーを卒業。1928年、騎兵連隊長、後に機械化連隊長となり、東清鉄道の戦いに参加した。1931年、軍事技術アカデミー附属学術課程を修了。1934年~1936年、機械化旅団長。

1936年~1937年のスペイン内戦時、共和国軍の戦車旅団長となり、ソ連邦英雄の称号を授与された。ソ連帰国後、1937年11月に労農赤軍自動車装甲戦車局長に任命。1938年、同僚等と共にスターリンに手紙を送り、軍内の粛清中止を訴えた。1939年~1940年、ソ・フィン戦争に従軍。1940年6月から白ロシア特別軍管区司令官。1941年6月中旬、スターリンに電文を送り、部隊の野戦陣地への撤収、管区部隊の動員等を要請した。

独ソ戦勃発後、リトアニア南部国境からプリニャチ川までの470kmの戦線をカバーする西部戦線司令官となる。西部戦線は、ドイツ中央軍集団の猛攻を受け、17日間で約42万人を失った。パヴロフと彼の側近はモスクワに召還されて逮捕され、反逆罪で起訴された。パヴロフは、裁判で「自白」を否定したが、判決には影響せず、戦線通信部長A.グリゴリエフ、第4軍司令官A.コロブコフ、戦線参謀長V.クリモフスキーと共に銃殺された。

1957年、ソ連最高裁判所軍事部会は、「犯罪構成要件の不在」でパヴロフに対する判決を取り消した。

パーソナル[編集]

ソ連邦英雄。レーニン勲章3個、赤旗勲章2個を受賞。

第1期ソ連最高会議代議員。全連邦共産党第18回大会において、中央委員候補に選出。