ドナルドの昼寝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドナルドの昼寝騒動
ドナルドの昼寝
Self Control
監督 ジャック・キング
製作 ウォルト・ディズニー
出演者 クラレンス・ナッシュ
音楽 オリバー・ウォレス
配給 RKO Radio Pictures
公開 アメリカ合衆国の旗 1938年2月11日
上映時間 約9分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ドナルドの駅長さん
次作 ドナルドの腕白時代
テンプレートを表示

ドナルドの昼寝騒動』(ドナルドのひるねそうどう)または『ドナルドの昼寝』(ドナルドのひるね、原題:Self Control)は、ウォルト・ディズニー・プロダクション(現:ウォルト・ディズニー・カンパニー)が制作したアニメーション短編映画作品である。
ドナルドダック・シリーズ第4作。

あらすじ[編集]

ある昼下がり、ハンモックでくつろぐドナルドラジオ自己抑制をテーマにする番組に興味を示し、ラジオパーソナリティの教授から、笑いで怒りを抑える秘訣は「怒りがこみ上げたら笑って10数えること」であることを聞く。眠くなりハンモックで昼寝しようとするドナルドだったが、足に飛んできた虫を追い払おうとしてハンモックから落ちてしまったため激怒。しかし、ラジオからドナルドを諌めるかのごとく「笑って10数えることを忘れないで」の声が聞こえ、ドナルドは怒りを抑えるため早速実践することにする。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

キャラクター 原語版 旧吹き替え版 新吹き替え版
ドナルドダック クラレンス・ナッシュ 関時男 山寺宏一
ラジオの声  ?  ?  ?

日本での公開[編集]

収録[編集]

外部リンク[編集]