ドナルドの透明人間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドナルドの透明人間
The Vanishing Private
監督 ジャック・キング
製作 ウォルト・ディズニー
出演者 クラレンス・ナッシュ
配給 RKO Radio Pictures
公開 アメリカ合衆国の旗 1942年9月25日
上映時間 約8分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ドナルドの黄金狂
次作 ドナルドのパイロット
テンプレートを表示

ドナルドの透明人間』(ドナルドのとうめいにんげん、原題:The Vanishing Private)は、ウォルト・ディズニー・プロダクション(現:ウォルト・ディズニー・カンパニー)が製作した1942年9月25日公開のアニメーション短編映画作品。ドナルドダック・シリーズの第40作である。

あらすじ[編集]

カモフラージュのための大砲を、鮮やかな斑模様に塗ってしまったドナルドは、上官のピートに塗り直しを命じられる。そしてドナルドは研究室で、塗ったものを透明にできるペンキを見つけ出す。ドナルドは早速そのペンキで大砲を塗りなおすが、大砲が透明になってしまう。ピートはドナルドを叱責しようとするが、ドナルドはピートが吹っ飛ばした拍子に透明ペンキを被ってしまい、ピートから逃亡すると同時に透明なのをいいことに彼をからかい始める。怒ったピートは手榴弾でドナルドを倒そうとする。上司の制止も聞かずに手榴弾を投げようとするピートはドナルドに後ろから尻を剣で刺され、その拍子に投げ上げられた手榴弾は爆発。ピートは精神異常者として留置所に入れられてしまうのであった。

その他[編集]

作中、透明の体になったドナルドが歌っていた歌は、童謡「Here we go around the mulberry bush(マルベリのまわりをまわろう)」。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

キャラクター 原語版 旧吹き替え版 新吹き替え版
ドナルドダック クラレンス・ナッシュ 関時男 山寺宏一
ピート ビリー・ブレッチャー 内田稔 大平透
将軍  ? 遠藤征慈  ?
ナレーター - 江原正士 -

日本での公開[編集]

収録[編集]

外部リンク[編集]