トリエチルアミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トリエチルアミン
識別情報
CAS登録番号 121-44-8
特性
化学式 C6H15N
モル質量 101.19 g/mol
密度 0.726 g/cm3
融点

-114.7 ℃

沸点

89.7 ℃

危険性
Rフレーズ R11 R20 R21 R22 R35
Sフレーズ S3 S16 S26 S29 S36 S37 S39 S45
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

トリエチルアミン(Triethylamine)は第三級アミンに属する有機化合物の一種。頭文字をとってTEAとも呼ばれる。

性状[編集]

トリエチルアミンは、常温では強アンモニア臭を持つ無色で揮発性のある液体である。強塩基性で、に18.7℃未満で微溶、18.7℃以上では可溶。アルコールアセトンベンゼンクロロホルムに易溶。引火点は-6.7℃で、爆発限界の下限が1.2%と低く、非常に引火しやすい。様々な有機溶媒に可溶であるため、有機合成において用いられる代表的な塩基である。酸類強酸化剤と反応し分解する。過マンガン酸カリウムとは容易に反応して酸化され、アンモニア酢酸硝酸に分解する。また、燃焼の際にアンモニアを発生するため、火災が起こった場合危険度が高い。日本では消防法により危険物第4類の引火性液体(第1石油類 非水溶性液体)に分類されている。

製法[編集]

トリエチルアミンは、工業的にはアセトアルデヒドまたはモノクロロエタンと、アンモニアおよび水素の反応で製造される。他にエタノールを用いる方法もある。

用途[編集]

トリエチルアミンの主な使用用途は、医薬品界面活性剤ゴム除草剤塗料等の製造である。

注意事項[編集]

開封後長期間経過したものは、空気中の酸素によって酸化を受け、N-オキシドが生成していることがあり危険である。黄色く着色したものは使わない方がよい。

関連項目[編集]