トヨタ戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トヨタ戦争
チャド内戦中
Chad relief map 1991, CIA.jpg
1986年12月16日 - 1987年9月11日
場所 チャド北部
結果 チャド軍の勝利、停戦。
衝突した勢力
リビアの旗 リビア
Flag of Chad.svgCDR
チャドの旗 チャド
Flag of Chad.svgFAP
指揮官
ムアンマル・アル=カッザーフィー イッセン・ハブレ
戦力
リビア軍 90,000
CDR 1,000
チャド軍 28,000
FAP 1,500~2,000
被害者数
戦死:7,500
捕虜:1,000
軍用車両:800
空軍機:28
戦死:1,000

トヨタ戦争(トヨタせんそう、Toyota War)は、チャド内戦の後期の戦闘である。

戦争の名称[編集]

この戦争ではチャド政府軍と反政府勢力の両者が、トヨタ自動車ピックアップトラック(主にハイラックス)をテクニカルに改造・使用した。その車両の荷台後部に大きく表示された「TOYOTA」のロゴが目立ったため、「トヨタ戦争」と呼ばれるようになった[1]学研科学雑誌「UTAN」には、安易に軍用に転用される民生品を紛争地帯へ輸出することを批判する記事が掲載され、同時に各政党へのこの件に関するアンケートが行われたが、反響はなかった。

解説[編集]

1987年、北部チャドリビアとの国境付近でチャド政府軍と反政府勢力、反政府勢力を支援するリビア軍の間で行われた。この戦争ではリビアは多くの損害を出し、7500人が死亡、およそ15億ドルの兵器を損失した。

チャド内戦は1983年に、リビアの最高指導者ムアンマル・アル=カッザーフィーがチャド大統領のイッセン・ハブレを認めずにチャドの反政府暫定国民政府(GUNT)に軍事協力したことから始まっている。リビアのこの行為はフランスの介入を招き、マンタ計画、エペルヴィア計画によってリビア軍の軍事行動は16度線の北部、人口の少ない砂漠地帯に限られるようになった。

1986年に入ると、チャドの重要拠点を失ったGUNTはカッザーフィーに反旗を翻す。これを知ったハブレは、チャド北部を奪回し、リビアのチベスチ近辺で戦っているGUNT離脱者と合流するために、12月16日から軍を16度線を越えて進軍させた。政府軍は、3か月に渡ってゲリラ戦と正規戦を駆使して北部チャドを奪回した。また、1987年9月に停戦条約に合意するまでの間リビア軍と戦闘を続け、大きな被害を与えた。停戦条約ではアオゾウ地帯の帰属について話し合われ、1994年国際司法裁判所はこの地域をチャド領と裁定した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 世界の武装ゲリラがトヨタを愛する理由 - Newsweek