トミー・エマニュエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トミー・エマニュエル
}
基本情報
別名 Tommy Emmanuel c.g.p AM
出生 1955年5月31日(59歳)
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア マスウェルブルック ニューサウスウェールズ州
ジャンル カントリー
フォーク
ブルース
ロック
ニューエイジ・ミュージック
職業 ギタリスト
担当楽器 ギター
ヴォーカル
活動期間 1962年 -
レーベル Favored Nations (英語)
公式サイト TOMMY EMMANUEL OFFICIAL WEBSITE (英語)
著名使用楽器
Maton TE Signature model (英語)

チェット・アトキンス
ジェリー・リード
ジャンゴ・ラインハルト

トミー・エマニュエル (Tommy Emmanuel, 1955年5月31日 - ) は、オーストラリアギタリスト

人物[編集]

ニューサウスウェールズ州出身。グラミー賞に2回ノミネートされたフィンガーピッキング達人として有名で、今までに、チェット・アトキンスエリック・クラプトンなど数々の有名なギタリストと共演を果たしている。フィル・エマニュエルもオーストラリアで著名なギタリストであり、時折兄弟でセッションを行う事がある。シドニーオリンピックの開会式でもフィルと共に演奏を披露している。

特徴[編集]

奏法としては上述のフィンガーピッキングよりも、サムピックを用いたチェットアトキンス奏法や、フラットピックを併用したハイブリッド・ピッキングと呼ばれる奏法を多用する。中でもギターのボディヒットを駆使した擬似パーカッションは彼の代名詞的奏法である。 速弾きハーモニクスなどの秀逸なギターテクニックを披露する一方、ユーモアの溢れる性格からエンターテイナーとしての人気も高い。また、頻度は少ないものの、ヴォーカルもこなす。

使用ギター[編集]

現在も使用されているメインギターはMaton EBG808とMaton TE1。いずれもレコーディング・ライブ共に使用されるが、パーカッシブな演奏によってボディーが削られているのが分かる。楽器全体を駆使したその奏法はギターへの負担も大きく、何度もリペアに出されている。

活動について[編集]

4歳で初めてギターを手にする。7歳の頃、ラジオでチェット・アトキンスの演奏を聴いた事で改めてギターに目覚め、10歳頃にはすでにプロのミュージシャンの一人として活動するなど、既に才能の片鱗をみせていた。ギター以外にもドラムベースなども演奏できるマルチプレイヤーでもある。 エレキギターも使用するが、近年は主にアコースティックギターによる曲作りがメインで、チェット・アトキンスやマイケル・ヘッジスと並び、『アコギの神様』と呼ばれる事もある。晩年のチェット・アトキンスとは親交が深く、「間違いなく、この地球上で最高のギタリストの1人」と評された程で、チェット本人からCertified Guitar Player(通称C.G.P)の称号を授かった数少ないギタリストの一人。その為、Tommy Emmanuel CGPと称される場合もある。

2008年のライブアルバム、「CENTER STAGE」において、坂本九上を向いて歩こう(Sukiyaki)をカヴァーした。2005年より毎年来日コンサートを実施しており、押尾コータローらがゲスト出演している。

2010年、彼の半世紀に渡る音楽活動と、チャリティー活動 ”Kids Under Cover” での貢献が評価され、エリザベス2世から、AM (Member of the Order of Australia) という称号を与えられた。

作品[編集]

外部リンク[編集]