マイケル・ヘッジス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マイケル・ヘッジスMichael Hedges1953年12月31日 - 1997年12月2日)はアメリカ合衆国のアコースティック・ギタリスト。独特の演奏技術で知られていたが、交通事故のため43歳で急逝する[1]

経歴[編集]

カリフォルニア州サクラメントで生まれ、オクラホマ州イーニッドで育った[1]。4歳の時にピアノ、12歳の時にチェロクラリネットを習い始め、中学生になるとエレクトリック・ギターを弾くようになり、ロックバンドを結成してボーカルを担当。このころはエルヴィス・プレスリーピーター・ポール&マリー、そしてビートルズに強い影響を受けたという。

高等学校に通い始めてから、当時のイギリスの人気グループ、ジェスロ・タルリーダーであるイアン・アンダーソンに刺激され、フルートも手にとるようになり、レッド・ツェッペリンジミ・ヘンドリックスの影響を受ける一方でジョニ・ミッチェルニール・ヤングといったシンガーソングライターを知ったことで、アコースティック・ギターに夢中になったという。

地元オクラホマのピーボデイ音楽学院でフルート、作曲音響学について学び、それまで受けてきたクラシック音楽教育を、様々な特異な演奏技術と組み合わせて、スチール弦のアコースティックギターに適用した。

幅広い音楽スタイルをカバーしており、コンサートにおいては非常にダイナミックな演奏者として知られた。1980年代始めに、演奏をカリフォルニア州パロアルトのカフェで聞いたウィリアム・アッカーマンによって見いだされた。アッカーマンは即座にヘッジスとウィンダムヒル・レーベルとの契約を交わす[2]

演奏技法[編集]

最初の2枚のアルバム『Breakfast in the Field』と『Aerial Boundaries』はアコースティックギター世界において画期的な作品であった。その後、定期的にギター中心の音楽に戻ったが、もっとポピュラーを演奏したり、歌う方面にも進出していった。作品のほぼすべてが変則チューニングで書かれている。

演奏技法には、スラップ・ハーモニクス(弦を叩いてハーモニクスを出す)、右手ハンマリングをする(特に低い音で)、左手メロディーリズムに合わせてハンマリングとプリングを行ったり、弦をかき鳴らすのと同じぐらいの衝撃でギターをひっぱたくといったものがあった。

事故死[編集]

1997年12月2日サンフランシスコから北へ約160kmのメンドシーノ郡のカリフォルニア州道128号線わきで、土木作業員達によって遺体が発見された。路面がすべりやすくカーブの多い道路であったため、車が横滑りして土手を滑り落ち反転、車から投げ出され、内臓損傷で亡くなったとみられる。州法にしたがって検査が行われたが、アルコールドラッグは検出されなかった。事故当時アルバム『Torched』を作成中で、死後にリリースされた[1]

デイスコグラフィ[編集]

  • Breakfast In The Field (1981)
  • Aerial Boundaries (1984)
  • Watching My Life Go By (1986)
  • Live On The Double Planet (1987)
  • Strings of Steel (1993)
  • Taproot (1990)
  • The Road To Return (1994)
  • Oracle (1996)
  • Torched (1999 - 死後)

脚注[編集]

外部リンク[編集]