トニー・エスポジト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トニー・エスポジト
生誕 1943年4月23日(71歳)
カナダオンタリオ州スーセントマリー
身長
体重
5 ft 11 in (1.80 m)
185 lb (84 kg; 13 st 3 lb)
ポジション ゴールテンダー
キャッチ 右利き
所属クラブ WCHA
 Michigan Tech Huskies
WHL
 バンクーバー・カナックス
CHL
 Houston Apollos
NHL
 モントリオール・カナディアンズ
 シカゴ・ブラックホークス
代表 カナダ &
アメリカ合衆国
現役期間 1967年 – 1984年
1988年殿堂入り

トニー・エスポジトTony Esposito, 1943年4月23日-)はカナダオンタリオ州スーセントマリー出身のアイスホッケー選手。キャリアの大部分はシカゴ・ブラックホークスで過ごした。兄のフィル・エスポジトと共にホッケーの殿堂入りを果たしている。ポジションはゴールテンダー。現在広く使われるようになったバタフライスタイル英語版の先駆者の1人である。

ミシガン工科大学では3回オールアメリカンに選出され1965年のNCAA男子アイスホッケー選手権制覇にも貢献した。現在でも大学記録とである防御率2.55、大学歴代2位のセーブ率91.2%の数字を残している。

1967-1968年シーズンよりウェスタン・ホッケー・リーグ英語版バンクーバー・カナックス英語版で、1968-1969シーズンよりセントラル・ホッケー・リーグ英語版のヒューストン・アポロズでプレーした。同シーズンにNHLモントリオール・カナディアンズでもプレーした。このシーズン、カナディアンズではゴールテンダー2名が負傷したこともあり、13試合に出場、兄のフィル・エスポジトが率いるボストン・ブルーインズとの試合では兄に2ゴールを決められ2対2のタイに終わった。2人のゴールテンダーが復帰すると再びマイナーに戻ったがプレーオフでゴールテンダー1人が負傷したため、控えとしてカナディアンズに復帰した。当時カナディアンズには2人のゴールテンダー以外にも若手で将来を期待された選手が多くいた。そのため彼はウェーバー公示されシカゴ・ブラックホークスに移籍した。そこで15ものNHL完封記録を樹立する活躍を見せて防御率2.17、カルダー記念賞ヴェジーナ賞の両方を獲得しハート記念賞投票でも2位となり、NHLオールスターゲームに選ばれた。この年彼は「トニー・ゼロ」と呼ばれた。

1970-1971年シーズンも彼は素晴らしい活躍を見せチームはウェスト・ディビジョン1位でシーズンを終えてスタンレー・カップファイナルまで進出したが3勝4敗でモントリオール・カナディアンズに敗れた。再びヴェジーナ賞を獲得、


1971-1972年シーズンも彼は防御率1.77と活躍し、バックアップゴールテンダーであるゲーリー・スミスGary Smith)と共にヴェジナ・トロフィーを獲得した。またNHLオールスターファーストチームにも選ばれた。

1972年にソ連代表との間で行われたサミット・シリーズカナダ代表としてケン・ドライデンエディー・ジョンストンと共に選ばれ3人の中では最も良い防御率を残した。

1972-1973年シーズン、チームはボビー・ハルが退団したもののディビジョン優勝を果たしスタンレー・カップファイナルに進出したが2勝4敗でカナディアンズに敗れた。

1973-1974年シーズン、完封勝利10回、防御率2.04の活躍を見せてフィラデルフィア・フライヤーズバーニー・ペアレントとヴェジーナ賞を分け合った。

その後数シーズン、ブラックホークスは低迷したが彼は活躍を見せ続けた。1979-1980年シーズンには6試合で完封勝利し3度目のオールスターファーストチームに選ばれた。また1977年のアイスホッケー世界選手権にも代表として出場している。

エスポジトは1981年にアメリカの市民権を獲得してカナダカップアメリカ代表として出場した。1983-1984年シーズンを最後にブラックホークスから引退した。

1988年にはホッケーの殿堂入りを果たした。また彼の背番号35番はブラックホークスの永久欠番となっている。

エスポジトは後にピッツバーグ・ペンギンズマネージャーとして活躍。また1991年には兄によって、タンパベイ・ライトニングのスカウトとして採用され、1998年まで兄弟でチーム運営にかかわった。ザ・ホッケー・ニュース英語版が選ぶ偉大なホッケー選手100人の79位に選ばれた。

受賞歴[編集]

外部リンク[編集]