デミウルゴス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デミウルゴス(デーミウールゴス、古希: Δημιουργός: Demiurge)は、プラトンの著作である『ティマイオス』に登場する世界の創造者である。

概説[編集]

ギリシア語では「職人工匠」というような意味である。プラトンは物質的世界の存在を説明する為に、神話的な説話を記した。この言葉と概念はグノーシス主義に於いて援用され、物質世界を創造した者、即ち「造物主」を指すのにデミウルゴスの呼称を使用した。

神学的思想[編集]

ティマイオス』に記されている神話は、イデア界のありようを模倣して、デミウルゴスがこの物質世界を創造したというものであるが、この考え方は、ユダヤ教の思想家であるアレクサンドリアのフィロンや、異端ともされたキリスト教思想家のオリゲネスに影響を与えた。『ティマイオス』に記されている比喩的な寓話は、『旧約聖書』と調和性を持つのではないのかと彼らは考えた。

グノーシス主義[編集]

他方、グノーシス主義創造神話においても、ウァレンティノスの系統の世界起源論では、デミウルゴスは「造物主」で、まさにイデア世界に相当するプレーローマアイオーンを模倣して、この世人間を創造したことになる。

しかし、グノーシス主義の思想や世界観に明らかなように、この世と人間は、いかに考えても不完全な存在にしか見えない。イデアの模造であるとしても、それが完全であるならば、この世も人間も完全に近いか完全な存在であるはずである。しかるに、経験や現象が教えることは世界と人間の不完全さであり、「」の充満するこの世である。

そうであれば、デミウルゴスの創造が不完全なのであり、イデアの模造がかくも不完全で、悲惨で崩壊するはかないものである根拠は、模倣者の能力の欠如と、愚かさにあるとしか云いようがない。

グノーシス主義[編集]

ヤルダバオート[編集]

グノーシス主義では、『旧約聖書』に登場するヤハウェと名乗っているデミウルゴスを、固有名で「ヤルダバオート」と呼んでいる。『旧約聖書』において愚劣な行為を行い、悪しき行いや傲慢を誇示しているのは、「偽の神」「下級神」たるヤルダバオートであるとした。

ヤルダバオートはデミウルゴスであり、また「第一のアルコーン」である。愚劣な下級神はアルコーンと呼ばれるが、ヤルダバオート以外にも多数存在し、それはデミウルゴスが生み出した者で、地上の支配者である。アルコーンはしかし、愚かで傲慢な下級の神であるが、人間にとっては恐るべき存在でもある。

デミウルゴスや諸アルコーンが愚劣な「下級の神」というのは、あくまで完全なるアイオーンプレーローマの至高者に比較しての話である。人間の悲惨さの原因である「肉体」や「心魂」はデミウルゴスが創造したものであれば、人間はこれらの部分では、アルコーンの支配下にある。

人間が、デミウルゴスや諸アルコーンに優越するのは、ただその内部にある「」においてのみである。そしてこの内なる「霊」こそは「救済」の根拠である。

ポイマンドレース[編集]

グノーシス主義神話では、デミウルゴスが水に映った「至高なる者」(ソピアーの像またはアイオーンの像)を自己の映像と錯覚して人間を創造するということになっている。

これと同じ筋書きの神話が『ヘルメス文書』のなかの『ポイマンドレース』に記されている。これもおそらくプラトンを起源にしていると考えられるが、『ポイマンドレース』が述べている内容は、グノーシス主義の創造神話に他ならない。

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]