テン・セカンド・エピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テン・セカンド・エピック
(Ten Second Epic)
基本情報
別名 TSE
出身地 カナダの旗 カナダ
アルバータ州, エドモントン
ジャンル オルタナティブ・ロック
活動期間 2002年 – 2014年
レーベル Black Box Music / ブラック・ボックス・ミュージック (カナダ)
ブリオン・レコーズ (日本)
Hassle Records / ハッスル・レコーズ (EU& オーストラリア)
共同作業者 Taking Back Sunday / テイキング・バック・サンディ
Cartel / カーテル
Kids In Glass Houses / キッズ・イン・グラス・ハウス
You Me At Six / ユー・ミー・アット・シックス
Billy Talent/ビリー・タレント
MC Virginity/エム・シー・ヴァージニティ
Brighter Brightest/ブライター・ブライテスト
公式サイト tensecondepic.com
メンバー
Andrew Usenik
Daniel Carriere
Craig Spelliscy
Sandy MacKinnon
Patrick Birtles

テン・セカンド・エピック (Ten Second Epic) はカナダ アルバータ州 エドモントン出身の5人組のロックバンド。バンドは2002年に形作られ、メンバーは、Andrew Usenik (ボーカル)、Daniel Carriere (ギター/バックボーカル)、Craig Spelliscy (ギター/バックボーカル)、Sandy MacKinnon (ベース)、Patrick Birtles (ドラム)。

Count Yourself In / 邦題:カウント・ユア・セルフ・イン』、『Hometown / 邦題:ホームタウン』、『Better Off / 邦題:ベター・オフ』の3枚のフルアルバムをリリースしている。

2014年2月に活動停止を公表。4月には未発表曲を含めたアルバム『Unreleased』をリリース(デジタルダウンロードのみ)。2014年3月から5月にかけてカナダでファイナルツアーを行い、12年間続いたバンド活動を停止した。

初期: 2002-2006[編集]

バンドは2002年、5人の高校時代の友達同士で始まった。練習はドラマーのPatrick Birtlesの両親の家の地下。エドモントン地域の色々な会場で数回演奏をした後、バンドは『Your Famous Last Words』のEPを、友人 (現在 Shout Out Out Out Out のメンバー、ニック・コゾブ )とレコーディングをした。 そのEPは5曲入りで、バンドメンバーによってプレスされ、会場で売られた。バンドはカナダ西部で公演をするようになり、やがてエドモントン地域のインディペンデント・レコードレーベル会社、ファーウェイ・レコードから次のアルバム製作を約束された。

バンドはすぐにEP『One More for the Road』を親友たちと録音するためにスタジオに戻った。2004年のEPが出てから、バンドはエドモントン・イベント・センター で、無料の公演を行った。結局、1600人を収容できる会場にもかかわらず100人以上が中に入れない状態だった。この公演は、エドモントンのメディアの目にとまり、バンドが特別記事として (『SEE Magazine』の「Best Band in Edmonton」に投票された事も含む)扱われるようになった。リリースしてすぐ、ファーウェイ・レコードは閉鎖され、バンドは自主的にEPを再リリースした。

One More for the Road』は、カナダとアメリカ内(ほとんどが公演終了後に販売された)で、4000枚近くの販売数となった。さらにバンドは「Home In The Heartland」の歌の人気を通してオンラインで存在を獲得し始める。バンドの「カナダを延々とツアーする」という長期的な約束(カナダで行われた日程すべてにおいて公演をしたWarped Tour 、カナダ内では複数日オープニングアクトを務めたTaste of Chaosツアーがハイライト)はリリースと同時に行われた。

Count Yourself In / 邦題:カウント・ユア・セルフ・イン: 2006-2009[編集]

穏やかな『One More for the Road』の成功によって、テン・セカンド・エピックは経験豊富なプロデューサーとの次のレコーディングの可能性を探求した。それはカナダのスーパープロデューサー、Garth Richardsonの耳にも通じていた。しかし、彼のスケジュールは一緒に仕事をするのを邪魔しているようだった。2006年の3月、バンドはCanadian Music Week のショーケース後、トロントからエドモントンの帰路の途中「ガースのプロジェクトがキャンセルになり、すぐに製作をはじめられるならレコードを作ることができる」ということを耳にする。メンバー全員が、仕事や大学に行くために家に戻る予定だったが、レコーディングを始めるためにブリティッシュコロンビア州ギブソンのファームスタジオへ進路を変えた。まだレーベル会社がついておらず、プロジェクトの資金は個人で借金を(銀行や友人、家族から)した。

 録音を終了してすぐ、テン・セカンド・エピックはブラック・ボックス・レコーディングス(現Black Box Music)とカナダ内での活動契約を結んだ。リチャードソンとバンドのコラボレーションはテン・セカンド・エピックの始めてのフルレングスアルバム『Count Yourself In / 邦題:カウント・ユア・セルフ・イン』 (2006年10月10日リリース) となる。

初めてのシングル「Suck It Up, Princess」は友人のコリン・ミニハンによって撮影された。ビデオは800ドルの経費で、ブリティッシュコロンビア州のミッション近くにある捨てられた輸送船で撮影された。12時間の撮影時間内に、バンドは昼間と夜間の撮影をするために、ブリティッシュコロンビア州ラングレーを、ツアーの最終日の合間をぬって旅をした。ビデオはMuchMusicの「ライト・ローテーション」となり、その後視聴者からのリクエストにより「ミディアム・ローテーション」へ昇格した。このビデオはMuchMusicがバンドと音楽のビデオに協力した歴史の出発点と考えられている。

その後のシングルはアルバムの成功を助長した。「Count Yourself In」 はカナダのラジオ番組 Active Rock 内で上位50に割り込み、バンドにとって実質的な放送を獲得する最初のシングルとなった。 歌は、Canadian Association of Broadcasters(CAB)の第11回 Canadian Radio Music Awards の Rock Song of the Yearにノミネート[1]され、MuchMusicコンピレーションアルバムPunchMuch』にも組み込まれた。ビデオは2007年の MuchMusic Video Awards で Best Independent Videoにノミネート[2]された。「Old Habits Die Hard」のビデオは、バンドにとって MuchMusic Countdown の 上位30位以内に割り込む初めてのビデオとなり、歌は2008年7月30日にカナダでゴールド認定(50,000単位)された コンピレーションアルバム『Big Shiny Tunes 12』に組み込まれた。また、アルバムは2008年 Canadian Independent Music Awards の Best Rock Group のノミネート[3]を獲得した。

アルバムを出すサイクルの間に、バンドは The Spill CanvasHedleyMoneen、Living With Lions、Cartel (US Tour) 、といくつかのカナダツアーをし、Virgin Festival(カルガリー)、Cutting Edge Music Festival[4] 、そして Wakestock [5](トロント) で、公演をした。

Hometown / 邦題:ホームタウン: 2009-2011[編集]

彼らの次のレコードのリリースに至るまで、ブラック・ボックス・レコーディングスは2008年10月16日にデジタルリリースのみの『The Virtual EP』をリリースした。 そのEPは 『Count Yourself In / 邦題:カウント・ユア・セルフ・イン』 からの2曲 (「Suck It Up, Princess」と「Boys Will Be Boys」)のリミックスと、さらに『Hometown / 邦題:ホームタウン』 からの2曲(「Yours To Lose」と「Life Times」)がフィーチャーされている。彼らの2番目のフルレングスアルバム『Hometown / 邦題:ホームタウン』は、2009年1月27日、カナダのアルバムチャート初登場16位リリースとなる。その後、日本とヨーロッパでリリースされた。

初のシングル「Life Times」は、2009年 MuchMusic Video Awards で、MuchLOUD Rock Video of the Year にノミネート[6]された。Canadian Rock(ラジオ放送局)の支援を依然維持している間、カナダのCHRラジオ局から重要な広告を受けた最初のシングルでもあった。2010年、バンドは、Juno Awardsの Best New Group にノミネート[7]した。長年の友達の LIGHTS をフィーチャーした3番目のシングル「EVERY DAY」は、 MuchMusic Video Awards の MuchFACT Indie Video of the Year にノミネート[8]され、コンピレーションアルバム『Big Shiny Tunes 14』にフィーチャーされた。

2009年2月22日、エドモントンのスターライト・ルームにて行われた『Hometown / 邦題:ホームタウン』のアルバムリリースパーティー中、バンドはその公演がライブDVDとして録画されている事を告知。その後バンドは、次のレコードのリリース時期にDVDがリリースされることを明らかにした。

アルバムと対応して、バンドはカナダ、日本、ヨーロッパ、アメリカを、A Day To RememberYou Me At SixSilversteinTheory of a Deadman とツアーをした。さらに彼らは、The Bamboozle、1000 Islands Music Festival[9]、Virgin Festival (モントリオール) を含む色々なフェスティバルで公演をした。

Better Off / 邦題:ベター・オフ: 2011 - 2014[編集]

彼らは3枚目のスタジオフルレングスアルバムを、9月19日にオーストラリアとヨーロッパではハッスル・レコーズから、9月20日にカナダではブラック・ボックス・レコーディングスから、9月21日に日本ではブリオンからリリースした。バンドは、ファーストシングル「Young Classics」のミュージック・ビデオをエドモントンにあるダートバイク場で撮影した。[10]

2012年1月にアジア各国でシンプル・プランとの帯同ツアーを開始、2度目の来日公演を果たす。[11]日本公演終了後は、カナダへ一時帰国し「Better Off」のビデオを収録。

2月1日から2月19日まで、アメリカで、The Dangerous Summer の 『War Paint』 tour に参加。Weatherbox, Divided By Friday と共に公演。

その後、2月27日から3月4日まで、UKにてLYUと公演。

再びアメリカに入り、3月8日から3月18日まで、The Dangerous Summer、Divided By Friday, Weather boxと共に公演を行う。

その後の公演は3月21日から4月14日まで、The TerminaTourと称して The Dangerous Summer, Brighter Brightest, The Red Threat と共に地元、カナダを回った。[12]

4月28日、Group of the Year、Album of the Year、Rock Album of the Year、People's Choice の4部門にノミネート[13]していた 2012 Edmonton Music Awardsにおいて、Group of the Year を受賞[14]した。

6月16日から7月3日にかけてWARPED TOUR 2012で多数のアーティストとアメリカで公演[15]した。

2011年に発売された『Better Off” - Studio Documentary DVD』が、2013 Juno AwardsのMusic DVD of The Yearにノミネート[16]した。

2014年2月26日(現地時間2月25日)、バンドは、今後新しいアルバムのリリースと、5月に行われるファイナルツアー以降バンド活動をしないことを公表した。[17]

3月28日から最後のカナダでのツアー「THE LAST CALL」を始め、4月28日には未発表曲を含めたアルバム『Unreleased』をリリース。5月24日の公演を最後に、活動を停止した。

メンバーのその後に関しては、Daniel CarriereとSandy MacKinnonは、Royal Tuskのメンバーとして、Craig Spelliscyは、Secret Rivalsのメンバーとして、バンド活動を続ける。Andrew Usenikは、以前から勤めている土地開発関係の会社へ、Patrick Birtlesは、ピザのフランチャイズ経営に係わる予定。[18][19]

メンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム詳細 最高順位
カナダ
2006年 Count Yourself In / 邦題:カウント・ユア・セルフ・イン
  • 発売日: 2006年10月10日 カナダ
  • ジャンル: オルタナティブ・ロック
  • レーベル: ブラックボックス・レコーディングス, ブリオン・レコーズ
  • 様式: CD, デジタル・ダウンロード
98
2009年 Hometown / 邦題:ホームタウン
  • 発売日: 2009年1月27日 カナダ、2009年12月23日 日本、
  • ジャンル: オルタナティブ・ロック
  • レーベル: ブラックボックス・レコーディングス, ブリオン・レコーズ, アティックス・ブラック・ミュージック
  • 様式: CD, デジタル・ダウンロード
16
2011年 Better Off / 邦題:ベター・オフ
  • 発売日: 2011年9月19日 オーストラリアとヨーロッパ、2011年9月20日 カナダ、2011年9月21日 日本、
  • ジャンル: オルタナティブ・ロック
  • レーベル: ブラックボックス・レコーディングス, ブリオン・レコーズ, ハッスル・レコーズ
  • 様式: CD, デジタル・ダウンロード
N/A
2014年 Unreleased
  • 発売日: 2014年4月28日
  • ジャンル: Rock, Music
  • 様式: デジタル・ダウンロード
N/A

EP[編集]

シングル[編集]

曲名 最高順位 アルバム
CAN
Alt
CAN
Rock
2006年 「Suck It Up, Princess」 Count Yourself In
邦題:カウント・ユア・セルフ・イン』
2007年 「Count Yourself In」
「Old Habits Die Hard」
「Avenue Days」
2008年 「Life Times」 Hometown
邦題:ホームタウン』
2009年 「Welcome to Wherever You Are」
「Every Day」 (featuring Lights)
2011年 「Young Classics」 22[20] 37[21] Better Off
邦題:ベター・オフ』
2012年 「Better Off」
「Runaway」
"—" チャート入りしなかったリリースを意味する

Music videos[編集]

タイトル 収録アルバム MuchMusic
Countdown
ディレクター
2006年 「Suck It Up, Princess」 Count Yourself In Colin Minihan
2007年 「Count Yourself In」
「Old Habits Die Hard」 19
「Avenue Days」
2008年 「Life Times」 Hometown 15
2009年 「Welcome To Wherever You Are」 10[22] Marc Ricciardelli
「Every Day」(featuring LIGHTS) 12 Sean Michael Turrell
2011年 「Young Classics」 Better Off Michael Maxxis
2012年 「Better Off」 Ben Knechtel
「Runaway」 Chady Awad

DVD[編集]

  • “Better Off” - Studio Documentary DVD 』 (2011)

賞とノミネーション[編集]

部門 ステイタス
MuchMusic Video Awards 2007年 Best Independent Video / 「Count Yourself In」 ノミネート[2]
Canadian Radio Music Awards 2008年 Rock Song of the Year/ 「Count Yourself In」 ノミネート[1]
Canadian Independent Music Awards 2008年 Rock Band of the Year ノミネート[3]
MuchMusic Video Awards 2009年 MuchLOUD Rock Video of the Year / 「Life Times」 ノミネート[6]
Juno Awards 2010年 New Group of the Year ノミネート[7]
MuchMusic Video Awards 2010年 MuchFACT Indie Video of the Year / 「EVERY DAY」 ノミネート[8]
Edmonton Music Awards 2012年 Group of the Year 受賞[14]
Album of the Year / 『Better Off』 ノミネート[13]
Rock Album of the Year / 『Better Off』
People's Choice
Juno Awards 2013年 Music DVD of The Year / 『“Better Off” - Studio Documentary DVD』 ノミネート[16]

来日公演[編集]

2010年

TEN SECOND EPIC JAPAN TOUR ~EXTRA SHOW~

2月15日 - 渋谷eggman

FACT JAPAN TOUR - オープニングアクトとして

2月8日 - 東京 渋谷0-EAST
2月9日 - 東京 渋谷CLUB QUATTRO
2月11日 - 名古屋CLUB QUATTRO
2月12日 - 大阪心斎橋CLUB QUATTRO

インストア・アコースティックライブ&サイン会

2月10日 - タワーレコード名古屋近鉄パッセ店
2月14日 - タワーレコード吉祥寺店
2月17日 - タワーレコード横浜モアーズ
2月18日 - HMV池袋メトロポリタンプラザ店
2012年

Simple Plan - オープニングアクトとして

1月21日 - 横浜 BAY HALL
1月22日 - SHIBUYA-AX
1月23日 - SHIBUYA-AX
1月25日 - 名古屋 CLUB QUATTRO
1月26日 - なんば Hatch

インストア・アコースティックライブ&サイン会

1月24日 - HMV新宿ルミネエスト

そのほか[編集]

2008年10月16日、カナダ オンタリオ州 オタワの Mavericks Bar で、テン・セカンド・エピックは Andrew の病気(喉の感染症と扁桃炎 の併発)によって6年目にして始めてヴォーカルなしでの公演を行った。キャンセルをするには遅すぎると判断し、一緒に歌を歌うため、ファンをステージ上に招待した。

テン・セカンド・エピック公式の Street Team のウェブサイトは2008年11月30日に運営開始。tsestreetteam.webs.com

日本語版の「テン・セカンド・エピック」は、英語版 Ten Second Epic より和訳転載・加筆しています。

脚注[編集]

  1. ^ a b Sandra Sperounes (2008年1月7日). “Oh Canada! Oh Ten Second Epic!”. Edmonton Journal. 2013年3月8日閲覧。
  2. ^ a b M4B Charts Central: 2007 MuchMusic Video Award Nominations : Best Independent Video”. 2012年3月29日閲覧。
  3. ^ a b Rogers Music Store Canadisn Music Week : Nominees Announced! The 8th Annual Independent Music Awards:Rock Band of the Year”. 2012年3月29日閲覧。
  4. ^ purerave : Jul 26 - Aug 1/Cutting Edge Music Festival 2009”. 2012年8月27日閲覧。
  5. ^ EPK : rody walker kicks off wakestock 2007”. 2012年8月27日閲覧。
  6. ^ a b Zimbio : 2009 MuchMusic Video Awards Nominees and Results”. 2013年3月8日閲覧。
  7. ^ a b Access Winnipeg : 2010Juno Awards Nominees : NEW GROUP OF THE YEAR”. 2012年3月29日閲覧。
  8. ^ a b 2010 MuchMusic Video Awards : Awards”. 2013年2月21日閲覧。
  9. ^ Performers”. 1000 Islands Music Fest. 2013年3月10日閲覧。
  10. ^ Sandra Sperounes (2011年8月26日). “Behind The scenes With Ten Second Epic”. Edmonton Journal. 2012年4月9日閲覧。
  11. ^ UP COMING ARTIST : SIMPLA PLAN”. creativeman. 2012年8月25日閲覧。
  12. ^ Gregory Adams (2012年1月13日). “News :Ten Second Epic Announce Canadian Dates for "The Terminatour"”. exclaim.ca. 2012年8月25日閲覧。
  13. ^ a b Edmonton Music Awards : 2012 Nominees”. 2013年5月8日閲覧。
  14. ^ a b Edmonton Music Awards”. Edmonton Journal (2012年4月28日). 2012年5月2日閲覧。
  15. ^ Brian Kraus (2012年5月19日). “Vans Warped Tour 2012 announce stage lineups”. Alternative Press. http://www.altpress.com/news/entry/vans_warped_tour_2012_announce_stage_lineups 2013年3月10日閲覧。 
  16. ^ a b 2013 JUNO AWARD NOMINEE”. 2013年2月20日閲覧。
  17. ^ Sandra Sperounes (2014年2月26日). “Blogs :Entertainment :Ten Second Epic want to “step down while things are still going great””. Edmonton Journal. 2014年3月15日閲覧。
  18. ^ Sandra Sperounes (2014年5月22日). “Blogs :Entertainment :Bidding an irreverent farewell to Edmonton's Ten Second Epic after 12 years””. Edmonton Journal. 2014年5月25日閲覧。
  19. ^ BARBARA WOOLSEY (2014年5月1日). “Entertainment :Ten Second Epic savours its victory lap””. LEADER-POST. 2014年5月25日閲覧。
  20. ^ Canadian Active Rock & Alt Rock Chart Archive: Alternative Rock - September 27, 2011”. America's Music Charts. 2011年9月27日閲覧。
  21. ^ Canadian Active Rock & Alt Rock Chart Archive: Active Rock - September 27, 2011”. America's Music Charts. 2011年9月27日閲覧。
  22. ^ Sandra Sperounes (2009年7月28日). “Welcome to the Countdown”. Edmonton Journal. 2012年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]