テリー・フォックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テリー・フォックス(1980年7月12日トロント
テリー・フォックスの像(ビクトリア
テリー・フォックスの像(オタワ

テリー・フォックスTerrance Stanley "Terry" Fox1958年7月28日 - 1981年6月28日)は、「希望のマラソン」で知られるカナダ義足マラソンランナー。

経歴[編集]

1958年7月28日、マニトバ州ウィニペグで生まれ、バンクーバー近郊のポートコキットラムで育つ。サイモンフレーザー大学の学生で、バスケットボール部で活躍していた1977年、右ひざの痛みで医者にかかったところ、それが骨肉腫であることが判明。

骨肉腫で右足を切断した後、がん研究資金を募るために、1980年4月12日、ニューファウンドランド州セント・ジョンズから「希望のマラソン」(Marathon of Hope)を開始した。鉄のような固い意志で、北アメリカ大陸を横断してバンクーバー島ポートレンフリューを目指し、義足をつけて毎日フルマラソンと同じ42kmを走り続けた。目標は完走と100万ドルの募金を集めることだった。しかし143日目の9月1日5,373kmを走ったところで、癌の肺への転移のためオンタリオ州サンダーベイ付近でマラソンを断念し入院。1981年6月28日、テリーは22歳の若さでこの世を去った。

死後[編集]

彼の遺志を継ぎ1981年9月以来毎年、がん研究資金を募るチャリティーイベント「Terry Fox Run」が世界中で開催されている。

2004年にカナダ放送協会が実施した「偉大なカナダ人」の調査でトミー・ダグラスに次いで2位に選ばれた。2005年、挑戦25周年記念1ドル硬貨が発行された。

テリー・フォックスにちなんで名付けられた施設が数多くあり、出身地ポートコキットラムにあるTerry Fox Secondary Schoolオタワにある陸上競技場Terry Fox Stadium、オタワの公共交通機関OCトランスポTerry Fox Stationカナダ沿岸警備隊砕氷船CCGS Terry Foxなどがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]