テムズ・スクラマサクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

テムズ・スクラマサクスThames scramasaxもしくはSeax of Beagnoth)とは、10世紀アングロ・サクソン人の片刃のナイフと見られる。1857年にテムズ川で発見され[1][2]ロンドン大英博物館で展示されている。剣には青銅線の精緻な象嵌が施されている。

剣の片側には完全な28文字のアングロサクソンルーン英語版が表されており大変貴重な資料である。BeagnothDrawing of a runic inscription of the name Beagnothという碑文が描かれている。

Runen Themsemesser.jpg
Themsensvärdet.jpg

参考文献[編集]

  1. ^ Biographical details for Henry J Briggs”. British Museum. 2010年8月18日閲覧。
  2. ^ London, Society of Antiquaries of (1857), “Notices for Thursday May 21st 1857”, Proceedings of the Society of Antiquaries of London 4 (47): 83, http://books.google.com/books?id=mY5IAAAAYAAJ.