ツボルグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツボルグの瓶とロゴが入ったグラス

ツボルグ(Tuborg)とはデンマーク酒造会社の名称。またそこで醸造されるビールの銘柄である。原音の発音は「ツボー」に近い。

歴史[編集]

1873年、実業家カール・フレデリック・ティットゲン(Carl Frederik Tietgen)の手によりツボルグは設立された。当初はデンマークの市場向けに、ペール・ラガースタイルのビールを醸造していた。 1903年にカールスバーグと提携し、1970年にはカールスバーグの子会社となった。

現在は出荷先の市場に合わせた様々なラガービールと、季節もののセゾンビールを醸造している。

銘柄[編集]

ツボルグ・グリーン(Grøn Tuborg)
アルコール度4.6%。ピルスナー
ツボルグ・ゴールド(Guld Tuborg)
アルコール度5.8%。ピルスナー。
ツボルグ・レッド(Rød Tuborg)
ツボルグ・クラシック(Tuborg Classic)
アルコール度数4.6%。
クラシック・ゴールデン(Classic Gylden)
アルコール度数4.6%。
ファイン・フェスティバル(Fine Festival)
アルコール度数7.5%。
Tuborg Påskebryg
度数5.7%。イースタービール。
Tuborg Julebryg
度数5.6%。クリスマスビール。
ツボルグ・スーパー・ライト(Tuborg Super Light)
アルコール度数0.1%。ビールテイスト飲料

備考[編集]

中東に展開したアメリカ軍兵士が、通常のアメリカビールの度数(5~6%)より高い度数(7~9%)のものを求めたため、要請に応じてツボルグの高アルコール度数の銘柄が供給されている。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]