ツガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツガ
ツガ
ツガ
保全状況評価[1]
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類新エングラー体系
: 植物界 Plantae
: 裸子植物門 Gymnospermae
: マツ綱 Coniferopsida
: マツ目 Coniferae
: マツ科 Pinaceae
: ツガ属 Tsuga
: ツガ T. sieboldii
学名
Tsuga sieboldii Carrière[1][2]
英名
Southern Japanese Hemlock[1]

ツガ(栂、学名Tsuga sieboldii)は、マツ科ツガ属に分類される常緑性の針葉樹。別名をトガ[2]というが、これは、かつて咎人をはりつけるのに使ったためとの説がある。

形態・生態[編集]

直立する大木になり、高さ30m、胸高直径1mに達する。樹皮灰色がかった赤茶色で亀甲状にはがれる。

は扁平な状で、表面は深緑でつやがあり、主軸に沿って窪みがある。先端が少しくぼんでおり、葉先が二つに分かれたようになっている。その点でモミにも似ているが、モミは二つの先端が鋭く尖っているのに対して、ツガは丸まっている。また、枝からの葉の付き方がモミとは若干異なっていることで識別できる。

球果は小柄で楕円形、長さ2.5cm程度で、枝先にやや下を向いてぶら下がる。

分布と生育環境[編集]

日本本州中部から屋久島にかけてと韓国鬱陵島に分布する。暖温帯照葉樹林)から冷温帯(落葉広葉樹林)の中間地帯(中間温帯林)に主に分布する。その範囲では比較的普通に見られる樹木であり、時に優占種となる。モミと混成することがあるが、モミが山腹に生育するのに対して、ツガは尾根筋によく生育する。なお、一部の地域ではトガサワラも混成する。

保全状況評価[編集]

人間との関わり[編集]

建材として用いられるほか、樹皮からタンニンを取り、漁網を染めるのに使われた。

秋篠宮文仁親王お印に用いられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]