ダンピール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダンピールDhampir)は、東欧ロシア伝説に登場する、ヒト吸血鬼混血。「ダムピール」とも言う。

外見は普通の人間と変わらないが、不死である吸血鬼を殺す力を持つ。また、吸血鬼を探知する能力も備える。大抵は生まれてもすぐに死んでしまうが、成長した者は前述の能力を活かし、吸血鬼ハンターを生業とすることもある。

吸血鬼になった者は、人間だったころの家族の下に戻ってくることがある。その際、血液ではなく性行為を要求する吸血鬼がいる。特に、ジプシーの伝承では男性の吸血鬼にその傾向が強い。ジプシーの間では、そうして生まれてきたダンピールを男の子であれば「ヴァムピール」、女の子であれば「ヴァムピーラ」と呼ぶ[1]

ダンピールによる吸血鬼退治は、儀式のような形式を取る。笛を吹いたり、走り回ったり、目に見えない敵と戦った後、勝利を宣言する[1]

ダンピールを扱った作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『ヴァンパイア 吸血鬼伝説の系譜』p.29

参考文献[編集]