タッド・ダメロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タッド・ダメロン
(Tadd Dameron)
基本情報
出生名 タドリー・ユーイング・ピーク・ダムロン
(Tadley Ewing Peake Dameron)
出生 1917年2月21日
出身地 アメリカ合衆国の旗 オハイオ州 クリーヴランド
死没 1965年3月8日(48歳)
ジャンル ジャズ
職業 演奏家・編曲家作曲家
担当楽器 ピアノ

{{{Influences}}}

タッド・ダメロンTad Dameron)ことタドリー・ユーイング・ピーク・ダムロン(Tadley Ewing Peake Dameron, 1917年2月21日 オハイオ州 クリーヴランド1965年3月8日)は、アメリカ合衆国ジャズピアニストおよび作曲家編曲家デクスター・ゴードンからバップ運動の「ロマン主義者」と評される一方で、批評家のスコット・ヤナウをして「バップ時代を明確にした作編曲家」と言わしめた[1]

略歴[編集]

ビバップ時代の最も有力な編曲家であったが、スウィングハード・バップのミュージシャンにもヒット曲を提供しており、カウント・ベイシーアーティ・ショウジミー・ランスフォードディジー・ガレスピービリー・エクスタインらのバンドのために編曲を手懸けた。作詞家のカール・シグマンとは、サラ・ヴォーンの代表曲の一つである、《イフ・ユー・クッド・シー・ミー・ナウIf You Could See Me Now)》を創作する。リズム・アンド・ブルースの巨星ブル・ムース・ジャクソンとも共演して編曲を手懸けた。バンドリーダーとして自身の楽団からファッツ・ナヴァロマイルス・デイヴィスデクスター・ゴードンソニー・ロリンズウォーデル・グレイらの売れっ子ミュージシャンを輩出した。ベニー・ゴルソンとも活動を共にした。後に著名なジャズ作曲家に成長したゴルソンは、作風においてダムロンから最も多大な影響を受けたと語っている。

ダメロンは、晩年まで薬物依存症を患っていた。また、1965年に48歳でで亡くなるまで、数度の心臓発作にも苛まれている。

後世への影響[編集]

バップ・ジャズのスタンダードを遺し、《ホット・ハウスHot House)》《アワ・デライト(Our Delight)》《グッド・ベイト(Good Bait)》《レイディ・バードLady Bird)》などの楽曲を発表した。

歿後に数多くの称賛を受けるようになり、1975年にジャズ・ピアニストのバリー・ハリスは、ザナドゥ・レコードよりトリビュート・アルバム『バリー・ハリス・プレイズ・タッド・ダメロン(Barry Harris Plays Tadd Dameron)』を発表。フィリー・ジョー・ジョーンズドン・シックラー1980年にダムロンへのトリビュート・バンド「ダムロニア(Dameronia)」を結成した[2]1982年には、スライド・ハンプトンジミー・ヒースロン・カーターアート・テイラーケニー・バロンがグループを組み、トリビュート・アルバム『タッドに首ったけ(Continuum : Mad About Tadd: The Music of Tadd Dameron)』を発表した。このアルバムは現在CD化されて再発されている。

註釈[編集]

  1. ^ Yanow, Scott (2008). "Tadd Dameron biography", AllMusic.
  2. ^ Carr, Ian; Fairweather, Digby and Priestley, Brian Rough Guide to Jazz Rough Guides, 2004 ISBN 1843532565, 9781843532569 "Don Sickler" at Google Books

外部リンク[編集]