ソルトラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソルトラン
Sortland
Sigerfjord.jpg
シゲルフィヨルド(2007年7月)
Sortland komm.svg
自治体章
位置
ヌールラン県の位置の位置図
ヌールラン県の位置
ソルトランの位置の位置図
ソルトランの位置
座標 : 北緯68度42分31秒 東経15度16分51秒 / 北緯68.70861度 東経15.28083度 / 68.70861; 15.28083
行政
ノルウェーの旗 ノルウェー
  フィンマルク県の旗 ヌールラン県
 自治体 ソルトラン
首長 スヴェイン・ロアール・ヤコブセン
労働党
地理
面積  
  自治体域 722 km2 (278.8 mi2)
    陸上   698 km2 (269.5 mi2)
人口
人口 (2004年現在)
  自治体域 9,509人
    人口密度   14人/km2(36.3人/mi2
その他
等時帯 CET (UTC+1)
夏時間 CEST (UTC+2)
ノルウェー統計局のサイトより
公式ウェブサイト : www.sortland.kommune.no/

Sortland.ogg ソルトラン[ヘルプ/ファイル]ノルウェー語: Sortland)は、ノルウェーフィンマルク県にある自治体、町。ベステローデン諸島の一部から成る。行政の中心地はソルトラン町で、青く塗られた家が多いことからよく「青い町」と称される。

1841年にハッセルから分離、設立され、2000年1月1日にはゴドフィヨルデン地域をトロムス県クヴァフィヨルドから編入した。

ソルトラン町はラング島に位置し、ベステローデン地域の商業の中心地になっている。ヒン島とはソルトラン橋でつながっているため、車でのアクセスも可能。ノルウェー沿岸警備隊が北部基地を構えている。

基礎情報[編集]

地名[編集]

元々は教区だったこの自治体は、この地に最初の教会が建てられたときからあったソルトラン農場(古ノルド語名:Svortuland)にちなみ名付けられた[1]。初めの部分はSvortaという河川の属格で、川の名は「黒い」という意味のsvartrから転訛したもの。最後のlandは陸または農場という意味がある。

紋章[編集]

現在の紋章は1985年3月15日に国王の認可を得た。多くの湖があるベステローデン地域の「入口」に位置することから、門が描かれている。もっとも、1960年代から自治体では同じような紋章が使われ、それには背景も描かれていた。周りの青色は青い海を意味している[2]

ゆかりの人物[編集]

北欧理事会文学賞も受賞した作家のラーシュ・サービュー・クリステンセンは、この地で暮らしたことがある。

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Rygh, Oluf (1905). Norske gaardnavne: Nordlands amt (16 ed.). Kristiania, Norge: W. C. Fabritius & sønners bogtrikkeri. pp. 393. http://books.google.com/books?id=K21BAAAAIAAJ.  (ノルウェー語)
  2. ^ Norske Kommunevåpen (1990年). “Nye kommunevåbener i Norden”. 2008年11月29日閲覧。

外部リンク[編集]