セントビンセント島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セントビンセント島

セントビンセント島(Saint Vincent)は、カリブ海ウィンドワード諸島にある肥沃な火山島。面積は344km²、人口約11万人。最高峰は標高1,234mのスフリエール山(1979年4月に最後の噴火を記録)。セントビンセント島の海岸は黒色の浜辺がほとんどで、良質の海綿の産地である。

1498年コロンブスが望見、1667年以来、イギリスがしばしば領有し、1763年パリ条約でイギリスの植民地として確定した。1979年グレナディーン諸島と共にセントビンセント・グレナディーンとして、イギリスから独立。首都キングスタウンがある。

西インド諸島で最初にパンノキを持ち込まれた島として知られる。1789年太平洋上で、西インド諸島の奴隷達のための安い食料としてパンノキを手に入れた後、バウンティ号の反乱が起きた。反乱者達は隠れ家として南太平洋にある無人の孤島、ピトケアン島に住み着いた。反乱の後、1792年に153本のパンノキがセントビンセント島とジャマイカに持ち込まれた。

1902年5月7日、スフリエール山が噴火して火砕流が発生し、1680人が死亡している(その翌日には島の北に位置するマルティニークプレー山が三万人の命を奪う大噴火を起こしている)。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』はセントビンセント島で撮影された。

バナナコプラココア砂糖香水アロールートを産出。