サラゴサのヴィセンテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サラゴサの聖ヴィセンテ像、氏名不詳の画家による16世紀の絵画

サラゴサのヴィセンテポルトガル語:Vicente de Saragoçaスペイン語:Vicente de Zaragozaカタルーニャ語: Vicent de Saragossa304年没)は、カトリック教会正教会聖人殉教者致命者)。スペイン語ではサラゴサのビセンテ。別名ウエスカのヴィセンテ。日本正教会ではイスパニアの聖ビケンティと表記される[1]

ウエスカで生まれてサラゴサで生き、304年にディオクレティアヌス帝時代のキリスト教徒迫害で殉教した。祝日はカトリックでは1月22日、正教会では11月11日ユリウス暦使用教会では11月24日に該当)。ワイン醸造者、酢醸造者の守護聖人。

彼の墓はバレンシアにあったことから、ヴィセンテ信仰の中心地となった。また、オビエドピレネー山脈を越えたナルボンヌなど、サンティアゴ・デ・コンポステーラへと向かう巡礼路で信仰が盛んとなった。西ゴート王国の王レカレド1世は、聖ヴィセンテに捧げた聖堂をコルドバに建てた。この聖堂は711年にムーア人に占領された後、徹底的に破壊された上、調度品はメスキータへ持って行かれた。

12世紀頃、リスボン大聖堂にヴィセンテの聖遺物がもたらされてから、リスボンの守護聖人となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 日本ハリストス正教会『正教会暦』2008年版

関連項目[編集]