セルビア帝国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セルビア帝国
Српско Царство
セルビア王国 (中世) 1346年 - 1371年 セルビア公国 (中世)
セルビアの国旗
国旗
公用語 セルビア語
首都 スコピエ
皇帝
1346年 - 1355年 ステファン・ウロシュ4世ドゥシャン(初代)
1355年 - 1371年 ステファン・ウロシュ5世(最後)
変遷
成立 1346年
滅亡 1371年

セルビア帝国(Српско Царство)は、セルビア王国ネマニッチ朝君主ステファン・ウロシュ4世ドゥシャン皇帝即位により、皇帝の統治する国家となって1346年に成立した帝国。

東ローマ帝国ではアンドロニコス2世パレオロゴスアンドロニコス3世パレオロゴスによる内紛が起こり、勢力が減退していた。一方、ウロシュ4世はアルバニアマケドニアを奪取して、セルビア王国の最大領土を形成した。さらにその拡大した勢力を背景として1345年、「セルビア人とローマ人の皇帝」と称してセルビア主教を総主教に格上げし、翌年には皇帝として即位した。そして1349年には、『ドゥシャン法典』を発布して、セルビア帝国の最盛期を築き上げた。

しかし、ウロシュ4世の死後、セルビア帝国は急速に衰退する。ウロシュ4世の息子ステファン・ウロシュ5世は単独で帝位を維持しきれず、ムルニャヴチェヴィチ家ヴカシンとの共同統治となる。その後ウロシュ5世が死去してネマニッチ朝は断絶し、帝国は解体した。

その後、国家はラザルセルビア公国に引き継がれる。