ドゥシャン法典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドゥシャン法典(ドゥシャンほうてん、Душанов законик)は、14世紀セルビアステファン・ウロシュ4世ドゥシャンが制定した法典

概要[編集]

1349年に招集された会議(サボル)において発布された(1353年または54年に増補版が発布された)。教会の地位、貴族や隷属民の権利と義務、刑法などを含む全201条によって構成されており、セルビアの慣習法と、ビザンツ帝国の成文法であるローマ法を融合させたものであった。この法典を通じて貴族の封建的な土地支配が認められたため、封建貴族と王との関係が強化された。

外部リンク[編集]