マリツァの戦い (1371年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリツァの戦い
BG-1371.jpg
戦闘後のオスマン軍の進路
1371年9月26日
場所 マリツァ川(チェルノメン村(現在のギリシャ共和国オルメニオ英語版
結果 オスマン軍の決定的勝利[1]
衝突した勢力
オスマン帝国 セルビア帝国
プリレプ
セラエ
指揮官
ララ・シャヒーン・パシャ ヴカシン  
ウグリェシャ  
戦力
ヨーロッパ側より少数。[2]
ハルココンディリスの記録によると800人[3]
20,000[3]- 70,000人[3][2]
被害者数
被害軽微 大敗[4]

マリツァの戦いセルビア語: Маричка битка, бој код Черноменаブルガリア語: Битката при Марица, битката при Черноменトルコ語: Çirmen Muharebesi, İkinci Meriç Muharebesi)は、1371年9月26日マリツァ川のチェルノメン村(現在のギリシャ共和国オルメニオ英語版)近辺に位置する地点で起きた、オスマン帝国バルカン半島国家の連合軍の戦闘である。この戦闘は、1389年コソボの戦いに先行するオスマン・セルビア戦争史の一場面として知られている。

バルカン側の連合軍はセルビア皇帝ステファン・ウロシュ5世プリレプのデスポット(僭主)ヴカシンセラエのデスポット・ウグリェシャ英語版で構成されており[5][6][7][8]、彼らは1364年マリツァの敗戦の雪辱を期していた。

戦闘の結果と影響[編集]

バルカン側は20,000人から70,000人に及ぶ兵士を動員した[3]。オスマン皇帝ムラト1世がバルカン半島を離れてアナトリア半島に滞在している隙をついて、ウグリェシャはオスマン帝国の首都であるエディルネへの奇襲を試みた。一方オスマン軍の兵数は少なく、ギリシャの歴史学者ラオニコス・ハルココンディリス英語版は800人と伝えている[3]。しかし、オスマンの将軍ララ・シャヒーン・パシャは夜襲によってバルカン軍を壊滅させ、ヴカシンとウグリェシャを敗死させた。

戦後、マケドニアギリシャの一部がオスマンの勢力下に入る。戦闘に先立ってソゾポルがオスマン軍に制圧されており、戦後ドラマ英語版カヴァラ、セラエがオスマンの占領下に入った。

脚注[編集]

  1. ^ Sedlar, Jean W., East Central Europe in the Middle Ages, 1000-1500, (University of Washington Press, 1994), 385.
  2. ^ a b The New Encyclopædia Britannica, 1993, ISBN 0852295715, page 855.
  3. ^ a b c d e Vladislav Boskovic: King Vukasin and the disastrous Battle of Marica, GRIN Publishing, 2009, ISBN 3640492641, page 11.
  4. ^ Rossos, Andrew, Macedonia and the Macedonians, (Hoover Institution Press Publications, 2008), 40.
  5. ^ K.Jirecek,History of the Bulgarians,p.382
  6. ^ J.V.A Fine, The Late Mediaeval Balkans, p. 379
  7. ^ L.S Stavrianos, The Balkan since 1453, p.44
  8. ^ Jirecek, Konstantin, Geschichte der Serben, pp. 437-438

参考文献[編集]

  • Rossos, Andrew, Macedonia and the Macedonians, Hoover Institution Press Publications, 2008.
  • Sedlar, Jean W., East Central Europe in the Middle Ages, 1000-1500, University of Washington Press, 1994.
  • Stavrianos, L. S. The Balkans Since 1453, C. Hurst & Co. Publishers, 2000.
  • Turnbull, Stephen R. The Ottoman Empire 1326-1699, Osprey Publishing, 2003.

関連項目[編集]