ジンゴイズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカの支配領域拡大を描いた風刺画『端から端まで10,000マイル』(1898年
風刺画『アメリカの戦争犬』(オスカー・セゼール作、1916年)。犬の首輪に「ジンゴ」と書かれているのが分かる

ジンゴイズムJingoism)とは、自国の国益を保護するためには他国に対し高圧的・強圧的態度を採り脅迫や武力行使を行なうこと(=戦争)も厭わない、あるいは自国・自民族優越主義的立場を指す言葉ナショナリズムの極端な例である。主戦論。強硬外交論。戦闘的愛国心。“Jingo”自体にもこの意はある。

語自体は1870年代イギリスロシアに対する好戦的な態度を表すために造られたもので、19世紀アメリカではかかる態度を「翼を広げた鷲主義」(spread-eagleism)と呼んだ。なお、「ジンゴイズム」という言葉は19世紀末頃アメリカでも広まり始め、こうした好戦的態度は米西戦争の原因となったメイン号沈没事件において最高潮に達した。

ジンゴイズムを採る人物・団体を「ジンゴイスト」と呼ぶ。

語源[編集]

露土戦争の頃にパブミュージックホールで人気を博した、G・H・マクダーモットコーラス中の1節に由来する[1]歌詞は以下の通り。

俺たちゃ、戦いたかねぇ、
だけど、強気で(by Jingo)! やるとなりゃ、
兵士もある。
少し前にも熊公とやりあったこともある。
俺たちゃ、ほんとのイギリス人。
ロシア野郎にゃ、コンスタンティノープルを渡さねぇ!

井野瀬久美惠『興亡の世界史 第16巻 大英帝国という経験』講談社2007年、p.265

イギリスの急進的政治活動家ジョージ・ホリョーク1878年、歌詞に出てくる「バイ・ジンゴ(by Jingo)」というフレーズから、「ジンゴイズム」なる特定の政治的傾向を示す用語を編み出した[2]

脚注[編集]

  1. ^ "By Jingo":Macdermott's War Song (1878)
  2. ^ Martin Ceadel, Semi-detached Idealists: The British Peace Movement and International Relations, 1854-1945 (Oxford University Press, 2000), p. 105

関連項目[編集]

外部リンク[編集]