ジョージ2世の戴冠式アンセム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョージ2世の戴冠式アンセム(ジョージにせいのためのたいかんしきアンセム、英:Coronation Anthems)は、ドイツ出身でイギリスに帰化した音楽家ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(ジョージ・フレデリック・ハンデル)が、1727年イギリス王ジョージ2世の戴冠式のために作曲した戴冠式アンセムである。4曲からなり、第1曲目の『司祭ザドク』は、歴代国王の戴冠式にも演奏される。

構成[編集]

『ジョージ2世の戴冠式アンセム』は1727年ロンドンウエストミンスター寺院で挙行された、ジョージ2世の戴冠式のために作曲された。以下の4曲からなる。

  1. 『司祭ザドク』HMV258
  2. 『汝の御手は強くあれ』HMV259
  3. 『主よ、王はあなたの力に喜びたり』HMV260
  4. 『わが心は麗しい言葉にあふれ』HMV261

戴冠式のために作曲されたため、作品番号順に演奏されることは少ない。また、その後の歴代の王の戴冠式でも演奏され、4曲全てが奏されることは少ないが、『司祭ザドク』はイギリスの戴冠式では必ず演奏される。

『司祭ザドク』[編集]

『ジョージ2世の戴冠式アンセム』の4曲のなかで、現在も演奏の機会が多いのが『司祭ザドク』である。戴冠式とは関係なく単独で演奏されることも多い。司祭ザドクとは『旧約聖書』『列王記』に登場する人物で、ソロモン王に香油を注いだ人物とされる。分散和音を駆使した合唱曲であり、荘厳な雰囲気と昂揚感をもつ。歌詞に使用されている旧約聖書の列王記I、ナタンとザドクがソロモン王を聖別したくだりは、973年バス修道院エドガー平和王が戴冠したときに使用されたと記録にある。ヘンリー・ローズチャールズ2世の戴冠式のために作曲したアンセムにも使用例がある。

『司祭ザドク』編成[編集]

『司祭ザドク』歌詞[編集]

列王記Ⅰ 1:38–40より

Zadok the Priest, and Nathan the Prophet anointed w:Solomon King.
And all the people rejoic'd, and said:
God save the King! Long live the King!
May the King live for ever,
Amen, Allelujah.
司祭ザドクと預言者ナタンはソロモン王聖別せり。
諸人すべてこれを祝賀して曰く、
神よ王を護り給へ!王に長寿あれ!
王の末永からむことを、
アーメン、アレルヤ。

ヨーロッパサッカー連盟主催・UEFAチャンピオンズリーグのテーマ曲である『UEFAチャンピオンズリーグ・アンセム』は、トニー・ブリテンによる、トランペットのファンファーレなどを加えた本曲のアレンジ版である。試合前の選手入場と試合後の選手退場の際には、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団セイント・マーチン・アカデミー合唱団による録音が流される。このため、本曲はイギリスのみならずヨーロッパではよく知られた作品になっている。

初演の式次第[編集]

ジョージ2世の戴冠式では、式次第の関係で、他の作曲家の『戴冠式アンセム』とともに演奏された。また、演奏順序は作品番号と一致していない。音楽を指揮したのはヘンデルである。

  1. 前置き
  2. 参列者行列
    • ヘンデルによる器楽合奏
  3. ジョージ2世のお出まし
  4. ジョージ2世の承認
  5. 連祷
  6. 聖別
  7. 王位の叙任
    • ファンファーレ
    • 『神よ、我等が楯とする人を御覧になり』(ジョン・ブロウ作曲)演奏
  8. 戴冠
    • ファンファーレ
    • 『イギリスの国歌|神は王を守りたまう』演奏
    • 『主よ、王はあなたの力によって喜び』演奏
  9. テ・デウム
  10. 即位式
    • ファンファーレ
  11. 忠誠の誓い
    • 『神は幻によって語る』(ジョン・ブロウ作曲)演奏
    • 太鼓
    • トランペット・ファンファーレ
    • 『神は王ジョージを守りたまう』演奏
  12. 王妃の戴冠
    • 『わが心は麗しい言葉にあふれ』演奏
  13. 退場
    • ファンファーレ
    • 『行進曲』(ヘンデル作曲)演奏
    • ファンファーレ
    • 太鼓隊の行進
    • ロンドン中の鐘を鳴らす

以上