ジョージ・スティーヴン・モリソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・スティーヴン・モリソン
1919年1月7日 - 2008年11月17日
George S. Morrison, Admiral.jpg
生誕 ジョージア州ローム
死没 カリフォルニア州コロナド
軍歴 1941-1971
最終階級 海軍大将
墓所 フォート・ローズクランス国立墓地
テンプレートを表示

ジョージ・スティーヴン・モリソン (George Stephen Morrison, 1919年1月7日 - 2008年11月17日) は、アメリカ合衆国の軍人、海軍大将。1964年8月のトンキン湾事件には同海域での部隊を指揮した。彼はまたドアーズのリードシンガー、ジム・モリソンの父親であった[1][2][3]

生い立ちおよび経歴[編集]

モリソンはジョージア州ロームでポール・レイモンド・モリソンおよびキャロライン・モリソン夫妻の間に生まれる。彼はフロリダ州リーズバーグで成長した[2]

1938年、海軍士官学校に入学、1941年に卒業し少尉として任官、ハワイに着任する。1943年にはフロリダ州ペンサコーラで飛行訓練を受け、1944年の春に卒業した。モリソンは第二次世界大戦において太平洋戦線で航空機の操縦任務に従事した[4]

1963年、モリソンはエセックス級航空母艦ボノム・リシャール (USS Bon Homme Richard, CVA-31) 艦長に着任する。1964年のトンキン湾事件時には艦隊の指揮を行った。1967年に彼は海軍大将に昇進し、1972年にはマリアナ諸島方面部隊の指揮官に任ぜられた[5]。1975年のサイゴン陥落時にはベトナム人の避難民救助に注力した[6]

モリソン大将はボノム・リシャールの退役式典での基調演説者であった。彼が海軍大将として初めて指揮を行ったボノム・リシャールが退役したのと同じ日である1971年7月3日、息子のジム・モリソンがフランスパリで死亡した。

モリソンは1975年に退役した[6]

私生活[編集]

モリソンは1942年にハワイでクララ・クラークに出会い、結婚した。彼らの息子、ジェームズ・ダグラス・モリスンは1943年にフロリダ州メルボルンで生まれた。娘のアン・ロビンは1947年にニューメキシコ州アルバカーキで生まれ、もう一人の息子、アンドリュー・リー・モリソンは1948年にカリフォルニア州ロスアルトスで生まれた。

彼の退役後、一家はカリフォルニア州コロナドおよびチュラビスタで生活した。クララ・クラーク・モリソンは長い病の後、2005年12月29日にコロナドで死去した。89歳であった。

ジョージ・スティーヴン・モリソンは2008年11月17日にコロナドで死去した。追悼式は11月24日にサンディエゴフォート・ローズクランス国立墓地で行われた。彼の遺灰は3年前に妻の遺灰が散骨されたのと同じ場所、ロマ岬沖に散骨された。

参照[編集]

  1. ^ Inside the Laurel Canyon: The Strange but Mostly True Story of Laurel Canyon and the Birth of the Hippie Generation
  2. ^ a b "George 'Steve' Morrison; rear admiral flew combat missions in lengthy career" by Steve Liewer, San Diego Union-Tribune, November 28, 2008
  3. ^ "George S. Morrison, 89, Admiral In Tonkin Gulf and Singer's Father" by William Grimes, New York Times, December 9, 2008.
  4. ^ Livepress encyclopedia retrieved April 8, 2008
  5. ^ Hawaii.edu
  6. ^ a b "Rear-Admiral George Morrison: father of Jim Morrison", The London Times, December 11, 2008, retrieved 30-08-2009