ジャック・ソンゴォ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・ソンゴォ Football pictogram.svg
名前
本名 ジャック・ソンゴォ
ラテン文字 Jacques Songo'o
基本情報
国籍 カメルーンの旗 カメルーン
生年月日 1964年3月17日(50歳)
身長 182cm
体重 80kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
代表歴
1984 - 2002 カメルーンの旗 カメルーン 46 (0)
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ジャック・ソンゴォJacques Songo'o, 1964年3月17日 - )は、カメルーンサクバイェヌ出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはGK

フランク・ソンゴォは、息子でありカメルーン代表に選出されたことがある。

又、フランスの市民権も取得している。

経歴[編集]

首都にあるトネール・ヤウンデでプロのキャリアをスタートさせ、リーグ2連覇を達成。

その後フランスに渡る。ル・マンUCでの活躍が認められFCメスにて正GKの座を確立させる。

1996 - 97シーズンにデポルティーボ・ラ・コルーニャへ移籍。このシーズンのサモラ賞に外国人として初選出される活躍を見せてリーグ3位に貢献。その後監督交代が相次ぎチームは低迷したが、在籍3年目に就任したハビエル・イルレタ監督が就任すると、ヌールディン・ナイベトドナトとの両CBと共に堅牢な守備陣を構築し、1999-00シーズンにはクラブ初のリーグ優勝を達成し、「スーペル・デポル」として一時代を築いた。その後フランシスコ・モリーナの台頭により出番が減少し、古巣FCメスに復帰。ここで26試合に出場するも2部降格となった。

2003 - 04シーズンにデポルティーボ・ラ・コルーニャへ復帰しこの年限りで引退。

カメルーン代表では1984年ロサンゼルス五輪に出場した後、10月4日韓国戦で代表デビュー。ワールドカップもイタリアアメリカフランス日韓大会に出場。アメリカ大会ではロシア戦の1試合に出場。フランス大会では正GKとして3試合に出場。日韓大会では出場する機会はなかったが年長者としてチームをまとめていた。世界選抜にも度々選ばれるなど世界的なGKとしての地位を確立した。

エピソード[編集]

代表歴[編集]

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

代表[編集]

クラブ[編集]

個人[編集]