ミシェル・パンセ・ビロング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミシェル・パンセ・ビロング Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Michel Pensée Bilong
基本情報
国籍 カメルーンの旗 カメルーン
生年月日 1973年6月16日(41歳)
出身地 カメルーンの旗 ヤウンデ
身長 192cm
体重 90kg
選手情報
ポジション DF (CB)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988-1994 カメルーンの旗トネール・ヤウンデ
1994-1997 メキシコの旗ハイボス・タンピコ・マデロ英語版
1997-1999 韓国の旗城南一和天馬 36 (2)
2000-2001 ポルトガルの旗CDアヴェス英語版 5 (0)
2001-2002 ロシアの旗FCアンジ・マハチカラ 25 (1)
2002 日本の旗サンフレッチェ広島 25 (0)
2004-2005 イングランドの旗ミルトン・キーンズ・ドンズFC 18 (1)
代表歴2
1998-2001 カメルーンの旗 カメルーン 5 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2007年10月15日現在。
2. 2007年10月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ミシェル・パンセ・ビロング(Michel Pensée Bilong、1973年6月16日 - )は、カメルーンヤウンデ出身の元同国代表サッカー選手。(DF)。

FIFA公式など一般には「ミシェル・パンセ(Michel Pensée)」として知られている。「ミシェル・パンセ・ビロング」はサンフレッチェ広島入団時に公表した名前であり[1]検証可能性の観点から本表題でもそれに従う。Jリーグ登録名はビロング[2]

来歴[編集]

故郷のトネール・ヤウンデに入団後、メキシコ韓国ポルトガルのクラブを転々とし、カメルーン代表として1998 FIFAワールドカップに出場した。

2001年、ロシアプレミアFCアンジ・マハチカラに入団すると中心選手として活躍した[3]UEFAカップ2001-02での曰くつきのグラスゴー・レンジャーズFC戦にも出場している[4](詳細はアンジの歴史を参照)。

このアンジ時代に2度にわたり警察から容疑をかけられた。1度目はヘロイン密輸入の嫌疑をかけられフランクフルト国際空港で不当拘束され、 無実を証明するために時間を使っている[5]。また、FIFAコンフェデレーションズカップ2001でカメルーン代表として来日していた際に、城南一和天馬時代に740万ウォン相当の小切手を盗んだとして城南から訴えられ逮捕されている[5][6]

2002年サンフレッチェ広島へ入団したものの[3]、同年にJ2降格の憂き目に遭い、1シーズン限りで退団した。

その後、2004-05シーズンにイングランド3部ミルトン・キーンズ・ドンズFCへ加入[7] し、2005年3月19日のバーンズリーFC戦(1-1)で移籍後初得点を挙げた[8]

シーズン終了後にチームを退団したビロングは、スコティッシュ・プレミアリーグハイバーニアンFCのトライアルを受けるも、契約を勝ち取ることは出来なかった[9]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
カメルーン リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
1991 トネール・ヤウンデ 1部
1992 トネール・ヤウンデ 1部
1993 トネール・ヤウンデ 1部
1994 トネール・ヤウンデ 1部
メキシコ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
1994-95 タンピコ・マデロ プリメーラ
1995-96 タンピコ・マデロ プリメーラ
1996-97 タンピコ・マデロ プリメーラ
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
1997 城南一和 Kリーグ
1998 城南一和 Kリーグ
1999 城南一和 Kリーグ
2000 城南一和 Kリーグ
ポルトガル リーグ戦 リーグ杯 ポルトガル杯 期間通算
2000-01 CDアベス 5 0
ロシア リーグ戦 ロシア杯 オープン杯 期間通算
2001 アンジ・マハチカラ 1部
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2002 広島 31 J1 25 0 6 0 0 0 31 0
イングランド リーグ戦 FLカップ FAカップ 期間通算
2004-05 MKドンズ チャンピオンシップ 18 1
通算 カメルーン 1部
メキシコ プリメーラ
韓国 Kリーグ
ポルトガル
ロシア 1部
日本 J1 25 0 6 0 0 0 31 0
イングランド チャンピオンシップ
総通算

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ビロング選手の期限付き移籍の合意について”. サンフレッチェ広島公式 (2002年2月25日). 2013年7月12日閲覧。
  2. ^ 磐田に敗れ絶体絶命”. 中国新聞 (2002年10月23日). 2013年7月2日閲覧。
  3. ^ a b Неукротимые львы в царстве снега”. eurosport. 2013年7月2日閲覧。
  4. ^ First round, First leg - 27/09/2001 - 20:05CET (20:05 local time) - Stadion Wojska Polskiego im. - Warsaw”. UEFA. 2013年7月2日閲覧。
  5. ^ a b Билонг оправдан и вернулся в родные пенаты”. sport-express.ru (2001年6月8日). 2013年7月2日閲覧。
  6. ^ Pensee Billong sent home”. BBC (2001年5月30日). 2013年7月2日閲覧。
  7. ^ Dons land Indomitable Lion”. skysports. 2013年7月2日閲覧。
  8. ^ Barnsley 1-1 MK Dons”. BBC (2005年7月15日). 2013年7月2日閲覧。
  9. ^ Bilong fails to win Hibs contract”. BBC (2005年7月15日). 2013年7月2日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]