ジジェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジジェル県の位置
ジジェル県内のジジェルの位置

ジジェル(Jijel)は、アルジェリアの都市。アルジェリア北東部に位置し、地中海に面する。人口164,807人.[1]ジジェル県の県都である。ジジェルはこの地域の政治経済の中心であり、周辺の原材料を生かしてコルクの生産や皮革製鉄産業が盛んである。周辺の柑橘類穀物の集散地でもある。また漁業も重要である。美しい砂のビーチと風景に魅せられた主に国内の観光客が多く訪れ、リゾートタウンが作られて多くのホテルやレストランがある。ジジェルはタザ国立公園から30kmの地点にあり、観光拠点となっている。この国立公園は、以前は広く分布していたものの現在では絶滅の危機にあるバーバリーマカクの居住地として知られている.[2]

険しい地形のためにジジェルはやや孤立しているが、それでも90km西のベジャイアや135km南西のセティフ、150km南東のコンスタンティーヌなどといった近隣の都市との間には道路が通じている。また、ジジェルには空港もある。ジジェルは木々に囲まれた広い通りと近代的な区画からなる。街の周囲は主にコルクガシからなる森林に囲まれている。

ジジェルに最初に住んでいたのはベルベル人であり、中でもクタマ族が最も知られていた。もともとはフェニキア人の交易地であり[3]、当時の墳墓も残っている。やがて、ローマ帝国ヴァンダル王国アラブ人ジェノヴァ共和国と支配者が次々と変わり、16世紀にはバルバロス・ハイレッディンの支配下に入った。1664年7月にフランスがこの街を占領したものの、Shaban Agaに率いられた抵抗によって同年10月にフランスは撤退を余儀なくされた。1839年、再びフランスがこの街を占領し、抵抗も1851年までには収束して、この街はフランス領となった。1856年には地震が起き、旧市街は荒廃した。

ジジェルの7マイル東に新しくDjen Djen港が建設され[4]8.2mの深さまでのバルクキャリアが入港できるようになった。現在、自動車輸送船とバルクキャリアがこの港を主に使用している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ C. Michael Hogan. 2008. Barbary Macaque: Macaca sylvanus, GlobalTwitcher.com, ed. Nicklas Stromberg
  3. ^ Encyclopædia Britannica. 2002、Edition 15, v. 6 ISBN 0852297874, 9780852297872
  4. ^ Enterprise Portuaire de Djen Djen. 2009 Port Authority Website