ジェームズ・パッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェームズ・イネル・パッカーJ.I.パッカーJames Innell Packer1926年7月22日 - )は、連合王国生まれの牧師聖公会カルヴァン主義の伝統を持つキリスト教神学者カナダブリティッシュコロンビア州バンクーバーにあるRegent Collegeの教授を務める。北米で最も影響力のある福音派の一人といわれた。

駅員の息子として生まれたが、オックスフォード大学の奨学金を得た。1955年Ph.D.(博士号)。オックスフォードでC・S・ルイスの影響を受ける。Oxford Inter-Collegiate Christian Unionで献身した。オークヒル神学大学ギリシャ語の教鞭をとった後、1949年ウィクリフ・ホールWycliffe Hall, Oxford)に入学。1952年イングランド国教会執事1953年司祭

クリスチャニティ・トゥディの執筆者。著書『神について』は英語圏のキリスト教書籍のベスト・セラーになった。

1978年には聖書の無誤性に関するシカゴ声明に署名。この声明では聖書の無誤性が確認された。

彼は福音派を代表する神学者の一人と見なされてきたが、正統的なプロテスタント教理(orthodox Protestant doctrine)を放棄するべきでないとしながらも、エキュメニカル運動に理解を示したために、福音派内部から強い批判を受けた。エキュメニカル派の対立語が福音派であり、自由主義神学(リベラル)主導のエキュメニカル運動と福音主義は相容れないものだと、捉えられて来たからである。

著書[編集]

  • 『私たちの主の祈り』伊藤淑美いのちのことば社 1991年
  • 『私たちの信仰告白ー使徒信条』稲垣博史訳 いのちのことば社 1990年
  • 『神について』山口昇訳 いのちのことば社 1978年
  • 『伝道と神の主権』内田和彦訳 いのちのことば社 1977年
  • 『福音的キリスト教と聖書』岡田稔訳 いのちのことば社 1963年

外部リンク[編集]