シーム・デ・ヨング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シーム・デ・ヨング Football pictogram.svg
SiemdeJong.jpg
名前
ラテン文字 Siem de Jong
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 1989年1月28日(25歳)
出身地 スイスの旗 エーグル
身長 185cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ニューカッスル・ユナイテッドFC
ポジション MF / FW
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2014
2014-
オランダの旗 アヤックス
イングランドの旗 ニューカッスル
168 (57)
代表歴2
2006-2007
2007-
2011-
オランダの旗 オランダU-19
オランダの旗 オランダU-21
オランダの旗 オランダ
3 (2)
13 (4)
3 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年5月10日現在。
2. 2013年6月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

シーム・デ・ヨングSiem de Jong1989年1月28日 - )は、スイスエーグル出身のサッカー選手ニューカッスル・ユナイテッドFC所属。ポジションはMF。得点力を買われ、13-14シーズンではFWでの出場を増やした。

ボールコントロールに優れており、ミドルシュートも得意である。ボルシア・メンヒェングラッドバッハに所属するルーク・デ・ヨングはシームの弟である。

経歴[編集]

クラブ

ヘルダーラント州ドゥーティンヘムにあるアマチュアクラブDZC'68でプレーしていたときに地元のプロクラブであるデ・フラーフスハップにスカウトされた。このとき2001年、わずか12歳だった。ドゥーティンヘムではフース・ヒディンククラース・ヤン・フンテラールと同じhet Rietveld Lyceumという公立学校に通い、大学入学資格を与えられた。2005年までデ・フラーフスハップのユースでプレーし、それからアヤックス・アムステルダムのユースに引き抜かれた[1]

18歳でヘンク・テン・カテ監督率いるトップチームに昇格し、19歳のときにアヤックスとの契約を2013年6月まで延長した[2]。2007年9月26日、アマチュアリーグに所属するコザッケン・ボーイズ戦で途中出場し、トップチームでの初出場を飾った。エールディヴィジの試合にはアウェイでのスパルタ・ロッテルダム戦で初出場した。途中出場だったが、ロスタイムに同点弾を決めた。2007-08シーズンはリーグ戦で20試合以上出場した唯一の10代選手だった。ヴィレムII戦で全治2ヶ月の負傷を負い、3月16日からのハードな対戦(アウェイでのPSVアイントホーフェン戦、アウェイでのFCトゥヴェンテ戦、アウェイでのSCヘーレンフェーン戦)への出場を逃した。4月上旬に復帰し、デ・フラーフスハップ戦でエドガー・ダーヴィッツに代わって途中出場した。2007-08シーズンは国内リーグ・国内カップ・欧州カップ戦に合わせて28試合に出場して2得点した。

2008年夏にクラブは史上最高金額でFWミラレム・スレイマニを獲得したため、デヨングは主に彼の控えという位置づけで、10試合しか出場しなかった。2009-10シーズン序盤は4-4-2フォーメーションを採用したためにポジション獲得は成らなかったが、チームが後半戦に4-3-3フォーメーションを採用すると、22節のFCトゥウェンテ戦で優勝を争うライバル相手にシーズン初得点を決めた。フィテッセ戦、ヘラクレス・アルメロ戦、NECナイメヘン戦で1試合2得点を決め、また26節から29節まで4戦連続ゴールを決める活躍で、終盤の14連勝に大きく貢献した。リーグ優勝こそならなかったが、自己最多の10得点を挙げて成長を印象付けた。フェイエノールトとのKNVBカップ決勝第1戦では開始7分で2点を奪い、勝利を決定づけた[3]

2014年7月1日、イングランドプレミアリーグに所属するニューカッスル・ユナイテッドFCへの移籍が決定する。

代表

2007年春にオランダU-19代表に初選出され、2-0で勝利したチェコ戦で初出場した。UEFA U-19欧州選手権2007年大会予選では3試合に出場したが敗退した。U-19欧州選手権2008年大会予選では3試合に出場してそのうち2試合で得点した。2-0で勝利したグルジア戦では83分に得点し、1-3で敗れたノルウェー戦では15分に得点した。オランダU-19代表では通算6試合に出場した。

2007年11月12日、マケドニア共和国戦のためにフォッペ・デハーン監督率いるオランダU-21代表に招集された。11月16日に試合が行われ、17日には監督がデ・ヨングに対して「もはやU-21代表ではない」と述べた。しかし2008年2月5日、北京オリンピックに招集すると発言した。イタリアとの親善試合に招集されたが、前述の怪我により3-0で勝利したエストニア戦には出場できず、代役としてジョナサン・デ・グズマンが出場した。4月上旬に復帰し、再びチームに戻ったが、北京オリンピック出場は叶わなかった。

2010年8月11日のウクライナとの親善試合においてA代表初招集、初出場を果たした。2013年6月7日のインドネシアとの親善試合で代表初得点を含む2得点を挙げた。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

クラブ[編集]

2013年5月6日時点
所属チーム シーズン 国内リーグ 国内カップ 欧州カップ その他 合計
試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点
アヤックス・アムステルダム 2007-08 22 2 3 0 2 0 0 0 27 2
2008-09 10 1 2 0 4 0 0 0 16 1
2009-10 22 10 6 6 7 1 0 0 35 17
2010-11 32 12 6 3 13 1 1 0 52 16
2011-12 29 13 3 3 6 1 1 0 39 17
2012-13 34 12 4 1 8 3 1 0 47 16
2013-14 19 7 2 1 6 0 1 1 28 9
通算   168 57 26 14 46 6 4 0 244 78

代表での得点[編集]

日時 場所 相手 スコア 結果 大会
1. 2013年6月7日 インドネシアの旗 ジャカルタ  インドネシア 0–1 0–3 親善試合
2. 0–2

タイトル[編集]

クラブ
オランダの旗 アヤックス

脚注[編集]

  1. ^ Vol Beloften: Siem de Jongアヤックス公式サイト
  2. ^ Siem de Jong langer bij Ajaxアヤックス公式サイト
  3. ^ アヤックスがオランダカップ制覇uefa.com、2010年5月6日