シュレースヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
多くのコンサートが開かれるリューベック大聖堂
ザルツァウ城(シュレースヴィヒ=ホルシュタイン文化センター)
音楽祭でのピクニック(エムケンドルフ)

シュレースヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭ドイツ語: Schleswig-Holstein Musik Festival)は、ドイツシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州で毎年7月から8月にかけて開かれるクラシック音楽音楽祭

概要[編集]

1986年ピアニストユストゥス・フランツらによって創設された。ユストゥス・フランツは9年間音楽監督を務め、その後にはクリストフ・エッシェンバッハも音楽監督を務めたことがある。音楽祭はリューベックキールフレンスブルクなどの都市や周辺の農村などシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の各地で行われる。演奏会場も納屋、教会、城、公園、造船所など多岐にわたる。1996年より毎年テーマが設定されるようになった。また1990年より優れた現代音楽作曲家に対して贈られるパウル・ヒンデミット賞が設けられた。

ジャズに関しては1991年から「ジャズ・バルティカ」という音楽祭が開かれていたが、2002年にシュレースヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭の一部になった。

教育機関[編集]

音楽祭にはオーケストラアカデミー、合唱アカデミー、マスタークラスの三大教育機関がある。

オーケストラアカデミーは1987年レナード・バーンスタインによって創設され、世界中から100人近くの若い演奏家がオーディションで選ばれる。毎夏ザルツァウ州立文化センターを会場に国際的な指揮者が招かれる。常任指揮者はクリストフ・エッシェンバッハ。

合唱アカデミーは2002年に創設され、リューベックのトラフェミュンデ地区を会場としている。

マスタークラスはリューベック音楽大学を会場に、世界中の演奏家や歌手を講師にして開かれる。

音楽祭テーマ[編集]

参考文献[編集]

  • Axel Nickolaus, Michael Ruff u. a.: Schleswig-Holstein Musik-Festival. Das Fest zwischen den Meeren. Fotoband. Murmann, Hamburg 2006, ISBN 3-938017-53-8

外部リンク[編集]