トラフェミュンデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トラフェミュンデのビーチ
パサート号

トラフェミュンデ(Travemünde)は、ドイツリューベックの地区である。日本語ではしばしば「トラベミュンデ」「トラヴェミュンデ」の表記が見られる。トラフェ川の河口に位置し、リューベック湾に面する。12世紀ザクセン公ハインリヒ3世がこの地に要塞を置いたことから、発展が始まった。1317年には町となり、1329年には自由都市リューベックに組み込まれ、現在に至る。なお、要塞は1807年に破壊された。

トラフェミュンデは古く(1802年)から海水浴場などのリゾート地として発展してきた。また、バルト海におけるドイツ最大のであり、スウェーデンエストニアフィンランドなどへ船が出ている。1539年には既に灯台が建てられている。また、大型帆船フライングPライナーのパサート号が繋留されている。

ヨットレースが年一度、古くから開かれている。また近年では砂の彫刻の展示イベントであるサンド・ワールド・フェスティバルが開かれ、期間中はたくさんの人々が訪れる。

外部リンク[編集]