シュテファン・フォン・リヒテンシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シュテファン・カール・マンフレート・アルフレート・アレクサンダー・ヨーゼフ・マリア・フォン・ウント・ツー・リヒテンシュタインPrinz Stefan Carl Manfred Alfred Alexander Joseph Maria von und zu Liechtenstein, 1961年11月14日 クラーゲンフルト - )は、リヒテンシュタインの侯子、外交官。2007年よりドイツ駐在大使を務めている。

リヒテンシュタイン侯子アレクサンダー(1929年 - 2012年)と、レーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ローゼンベルク侯家家長カールの娘ヨゼフィーネ(1937年 - )の間の次男。兄のクリティアン(1961年 - )と一緒に双子として生まれた。系譜上では、リヒテンシュタイン侯ヨハン1世の五男エドゥアルトの5世孫にあたる。

1987年までインスブルック大学で経営経済学を学び、マーケティング、銀行経営のノウハウ、経済史などを重点的に研究した。1988年から1995年までスイスUBS銀行に勤め、チューリッヒフランクフルト・アム・マインで働いた。その後、ボストン・コンサルティング・グループに移った。同社を退社後は一族の所領を経営した。フリーの経済・金融コンサルタントとして活動後、リヒテンシュタイン政府のスイス駐在大使に就任し、ベルンに駐在した。2007年にはドイツ駐在大使となり、ベルリンに移った。この他、景観保護活動や若者のスポーツ奨励事業にボランティアとして参加している。

子女[編集]

1988年6月18日にウィーンにおいて、伯爵令嬢フロレンティーネ・フォン・トゥーン・ウント・ホーエンシュタイン(1963年 - )と結婚し、間に2男2女をもうけた。

  • ルーカス・ロメディオ・アレクサンダー・アルフレート・アントニウス・シュテファン・マリア(1990年 - )
  • コンラート・エマヌエル・ヨーゼフ・ミヒャエル・フランツィスクス・シュテファン・マリア(1992年 - )
  • アンナ・マリア・カロリーナ・クリスティーネ・ゾフィア・フロレンティーネ・クララ(1994年 - )
  • リタ・マリア・テレーゼ・アレクサンドラ・ベッティーナ・マルゲリーテ・フロレンティーネ(1999年 - )

外部リンク[編集]

上位:
ヨハンネス
(本項人物の甥)
リヒテンシュタイン公位継承権者
継承順位第 47
下位:
ルーカス
(本項人物の長男)