シャロン・オズボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャロン・オズボーン

シャロン・オズボーン(Sharon Osbourne,1952年10月9日-)はイギリスロンドン出身。オジー・オズボーンの妻として有名だが、オジーのマネージャーでもあり、音楽プロデューサーでもある。

現在はアメリカ合衆国・ロサンゼルスで暮らしている

経歴[編集]

シャロンの父親は、ジェット・レコードの社長ドン・アーデンである。彼は契約を交わすためなら手段を問わず、ミュージシャンに正当な報酬を支払わないこともあり、悪徳マネージャーとして音楽界では有名だった。彼がブラック・サバスのマネージャーも務めていたことから、シャロンはオジーを知るようになった。その後、サバスを首になり、酒びたりになっていたオジーのマネージメントを手がけるようになり、彼のソロ・キャリアを成功させる手助けとなる。

また、前記のような理由等から実父ドン・アーデンとは長い間、絶縁状態だったが、オジー・オズボーンブラック・サバスを脱退し、活動の拠点をアメリカに移した以降、徐々に関係を再構築していった。

二人は1982年に結婚。エイミー、ケリー、ジャックの3人の子供がいる。

結婚してからもオジーの状況はよくならず、ある日、シャロンは酔った彼に首を絞められて殺されそうになったことがあるという。オジーはその後心を入れ替えてリハビリ施設に入り、以来「オズボーンズ」で見られるとおり、二人の仲は睦まじいものとなっている。

近年は大腸癌が発覚したり(後に完治)、強盗にあったり、自宅が火事になったり、子供たちがドラッグ問題で入院するなど波乱万丈である。また、全身を整形していることでも知られている。

プロデューサーとして[編集]

1996年にはOzzfestを企画し、ヘヴィメタル系の音楽フェスティバルとして絶大な人気を誇っている。

1999年にはスマッシング・パンプキンズのマネージャーになったが、翌年辞任している。

オズボーンズ[編集]

その他のテレビ出演[編集]

2003年から2004年まで、自身のトークショー「シャロン・オズボーン・ショー」を持っていたが、視聴率が芳しくなかったために打ち切られてしまった。

2004年にはサイモン・コーウェルらと共にイギリスのオーディション番組Xファクターで審査員を務めた。