サンタアニタパーク競馬場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンタアニタパーク競馬場
Santa Anita Park Racecourse
サンタアニタパーク競馬場
サンタアニタパーク競馬場
施設情報
所在地 カリフォルニア州アーケーディア
座標 北緯34度08分26秒
西経118度02分40秒
座標: 北緯34度08分26秒 西経118度02分40秒
開場 1934年12月25日
所有者 マグナエンターテイメント
コース
周回 左回り
馬場 ダート・芝(平地競走のみ)
テンプレートを表示
競馬場正面入り口

サンタアニタパーク競馬場Santa Anita Park Racecourse)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州アーケーディアロサンゼルスの東郊にある都市)に位置するマグナエンターテイメント社が所有する競馬場である。

概要[編集]

アメリカ西海岸の主要3競馬場(ハリウッドパーク競馬場(2013年閉場)・デルマー競馬場)のうちで最も長い歴史を持つ競馬場である。

1959年にはワシントンバースデーハンデキャップ競走で日本ハクチカラが優勝し、日本産競走馬の海外競走初勝利の舞台となった競馬場である。この競馬場は、結果としてシンボリルドルフの現役最後の競走となってしまったサンルイレイステークスや、ドバイワールドカップを見据えた競走となる、アメリカ初春の古馬最強馬決定戦サンタアニタハンデキャップが開催されることで知られる。

また1995年から大井競馬場(東京シティ競馬)と友好交流提携を結んでおり、交換競走として東京シティカップG3)が行われ、開催日にはジャパンファミリーデーと題して日本の文化を紹介するイベントが執り行われる。

歴史[編集]

コース[編集]

  • 全コース左回りで、本馬場のダートコースは1周1,609メートル、直線274メートル、コースは1周1408メートルとなっている。芝コースは日本の芝並みに速いタイムが出ることも多い。
  • また向こう正面奥から下り坂が続き、ダートコースを横切って最後の直線に入るヒルサイドターフコースが設置されており、芝10ハロンと芝12ハロンの競走はこのコースが使われている。
  • 2007年9月から、ダートコースにオールウェザー素材が導入されている。当初はクッショントラックが導入されていたが、大雨が降ると水捌けが上手く機能せずに不良馬場になってしまい、2007年冬-2008年春のシーズン中に全部で11日も開催が休止された。このため、2008年からはプロライド社のオールウェザー素材(プロライドシンセティック)に入れ替えられている。同年この競馬場で開催されたブリーダーズカップは、史上初となるオールウェザー馬場での開催となった。ただ水はけの悪さを考慮し、2011年にはダートコースに戻している。このダートコースは、アメリカのダートの特徴である粘土の含有量を減らし、砂の含有量を増やしたものとなっている、なおカリフォルニア州競馬委員会ではダートコースを原則としてオールウェザーコースに転換するよう義務付ける指導を行っている。

主な競走[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ EQUIBASE Las Vegas Marathon Stakes

外部リンク[編集]