サラエヴォ市電

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
電停での市電
ホリデー・イン前を行くサラエヴォ市電
路線系統

サエヴォ市電ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエヴォで運行されている路面電車市電)である。サラエヴォ市電はJKP GRAS Sarajevoによって運行されており、JKPは市電の他にサラエヴォ市内で路線バストロリーバスを運行している。サラエヴォ市電は郊外のイリジャと市中心地区であるスタリ・グラードバシュチャルシヤを結ぶ10.7kmの東西の路線とサラエヴォ駅(Željeznička Stanica)やバスターミナルがある地点を結ぶ0.4kmの支線によって構成されている。サラエヴォ市電はヨーロッパの中でも歴史が深い市電(トラム)の一つである。

歴史[編集]

サラエヴォはヨーロッパでは初めて終日運行される路面電車が導入された都市で、開業は1885年の新年であった。当時、オーストリア=ハンガリー帝国帝都馬車軌道が運行されていたウィーンに路面電車を導入するために試験的な意味合いもあった。開業時は760mmの狭軌(ボスニアンゲージ)で開業しており、今日のような1,435mmの標準軌に改良されたのは1960年のことである。20世紀の都市の成長によって重要な交通機関となっていった。1990年代サラエヴォ包囲 時には路線網や車両の多くは甚大な被害を蒙ったが、残った車両により運行は再開された。

運行[編集]

路線網はサラエヴォの主要な東西のブールバール(並木道)に沿って敷かれており、ブレヴァール・メシェ・セリモヴィチャ(Bulevar Meše Selimovića)、ヴィラ・チェンギッチ(Vila Čengić)、その後ゼマイ・オド・ボスネ(Zmaj od Bosne)を通る。マリイン ・ドヴォル(Marijin Dvor)からはループ線状になりミリャツカ川沿いの通りであるオバラ・クリナ・バナ(Obala Kulina bana)を通る。その後折り返し地点のバシュチャルシアに達し、マルシャ・ティタ(Maršala Tita)通り沿いに進み再びマリイン・ドヴォルに達する。7つの系統が運行されているが、全区間を行くのは3系統のみである。

  • 1系統 サラエヴォ駅(Željeznička stanica ) - バシュチャルシア
  • 2系統 チェンジッチ・ヴィラ(Čengić Vila) - バシュチャルシア
  • 3系統 イリジャ - バシュチャルシア
  • 4系統 イリジャ - サラエヴォ駅
  • 5系統 ネドジャリッチ(Nedžarići) - バシュチャルシア
  • 6系統 イリジャ - スケンデリヤ(Skenderija)
  • 7系統 ネドジャリチ - スケンデリヤ

車両は1970年代から1980年代前半に製造されたチェコのタトラ製(現在のシュコダ)のタトラK2の他、近年では新しい車両も導入されている。

外部リンク[編集]