スタリ・グラード (ボスニア・ヘルツェゴビナ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタリ・グラード
Stari Grad
Stari Grad
Стари Град
サラエヴォ
サラエヴォ
位置
サラエヴォ県におけるスタリ・グラードの位置の位置図
サラエヴォ県におけるスタリ・グラードの位置
座標 : 北緯43度41分 東経18度01分 / 北緯43.683度 東経18.017度 / 43.683; 18.017
行政
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
 構成体 ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦の旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦
  サラエヴォ県
 基礎自治体 スタリ・グラード
Ibrahim Hadžibajrić
民主行動党
地理
面積  
  基礎自治体 51,4 km2
人口
人口 (2008年 推計現在)
  基礎自治体 37,832人
その他
等時帯 中央ヨーロッパ標準時 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
市外局番 +387 (33)
[1]
公式ウェブサイト : http://www.starigrad-sarajevo.ba/

スタリ・グラードボスニア語:Stari Gradクロアチア語:Stari Gradセルビア語:Стари Град)は、ボスニア・ヘルツェゴビナの基礎自治体。ボスニア・ヘルツェゴビナを構成するボスニア・ヘルツェゴビナ連邦サラエヴォ県にあり、サラエヴォの一部を構成している。その中心部はバシュチャルシヤBaščaršija)と呼ばれ、15世紀オスマン帝国によって作られた歴史的な交易地区である。

特徴[編集]

スタリ・グラード基礎自治体は、その宗教的多様性、およびボスニア建築をその特徴としている。スタリ・グラードの東半分は、オスマン帝国の影響を受けた区画であり、西半分はオーストリア・ハンガリー帝国の建築や文化が見られる。このことから、スタリ・グラードは、サラエヴォが東西の帝国の接点であったことを象徴的に示している。

スタリ・グラードの人口は概ね5万人程度と見られ、サラエヴォを構成する4つの基礎自治体の中で最も人口が少ない。その人口密度は742.5人/km²となり、これも4自治体の中で最も少ない。スタリ・グラードには多くのホテル観光の見所が集中している。スタリ・グラードには、ガジ・フスレヴ=ベグ・モスクツァール・モスクや、カトリック教会のイエスの聖心大聖堂などがある。

人口動態[編集]

1971年[編集]

合計: 126.598人

1991年[編集]

合計: 50.744人

  • ムスリム人 / ボシュニャク人 - 39.410 (77,66%)
  • セルビア人 - 5.150 (10,14%)
  • クロアチア人 - 1.126 (2,21%)
  • ユーゴスラビア人 - 3.374 (6,64%)
  • その他 - 1.684 (3,35%)

2005年[編集]

2005年の時点で、総人口の97%はボシュニャク人とみられる。

逸話[編集]

オーストリア=ハンガリー帝国がサラエヴォを含むボスニア・ヘルツェゴビナを支配していた時代の1914年、帝国はサラエヴォの旧市街に市役所と図書館のための土地を求めた[2]。その予定地には家があり、その所有者に売却を求めたものの、所有者はそれを拒み、その後も立ち退きを求められても拒否し続けた[2]。帝国当局が所有者を脅迫するに至り、ようやくその所有者はその土地を立ち退き、当局への遺恨の意思を示すため、家を解体して一片一片移動させ、ミリャツカ川の対岸に家を再建した[2]。この家は、「遺恨の家」を意味する「"Inat Kuca"」の名でレストランとして営業されている[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Estimation total number of present population by age, sex and cantons and municipality, 30 June 2007”. Federal Office of Statistics, Federation of Bosnia and Herzegovina. 2008年4月3日閲覧。
  2. ^ a b c d Barnett, Tracy. (June 25, 2006) San Antonio Express-News Honey and blood. Section: Travel; Page 1L.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯43度41分 東経18度01分 / 北緯43.683度 東経18.017度 / 43.683; 18.017