サスペリア・テルザ 最後の魔女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サスペリア・テルザ 最後の魔女
La Terza madre
The Mother of Tears
監督 ダリオ・アルジェント
脚本 ジェイス・アンダーソン
ダリオ・アルジェント
ウォルター・ファサーノ
アダム・ギーラッシュ
シモーナ・シモネッティ
製作 クラウディオ・アルジェント
ダリオ・アルジェント
マリーナ・ベルルスコーニ
ジュリア・マルレッタ
リー・ウィルソン(共同製作)
製作総指揮 カーク・ダミコ
出演者 アーシア・アルジェント
クリスティアン・ソリメーノ
ウド・キア
アダム・ジェームズ
モラン・アティアス
ヴァレリア・カヴァッリ
市川純
ダリア・ニコロディ
フィリップ・ルロワ
コラリーナ・C・タッソーニ
音楽 クラウディオ・シモネッティ
撮影 フレデリック・ファサーノ
編集 ウォルター・ファサーノ
配給 イタリアの旗 メデューサ・フィルム
アメリカ合衆国の旗 ミリアド・ピクチャーズ
日本の旗 キングレコード
公開 イタリアの旗 2007年10月24日
アメリカ合衆国の旗 2008年6月6日
日本の旗 2009年4月25日
上映時間 98分
102分(ノーカット版)
製作国 イタリアの旗 イタリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 インフェルノ
テンプレートを表示

サスペリア・テルザ 最後の魔女』(: La Terza madre: The Mother of Tears)は、2007年イタリアアメリカが製作したホラー映画。『サスペリア』、『インフェルノ』に続く、魔女3部作の完結編。

ストーリー[編集]

絵画修復の技術を学ぶためにアメリカからローマにやってきた研究生のサラ・マンディは、同僚女性と墓地で発掘された壺を調べるうち、骨やローブ、短剣などを発見する。それは、マーテル・ラクリマルムと呼ばれる邪悪な魔女の遺物で、サラたちは世界制覇をたくらむ魔女たちを現代に解き放ってしまう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
サラ アーシア・アルジェント 斎藤恵理
エンゾ・マルキ刑事 クリスティアン・ソリメーノ 咲野俊介
ヨハネス神父 ウド・キア 高岡瓶々
マイケル(博物館館長) アダム・ジェームズ 遠藤純一
涙の母 モラン・アティアス 込山順子
マルタ・コルッシ(降霊師) ヴァレリア・カヴァッリ 永木貴依子
カテリーナ 市川純
エリザ(サラの母) ダリア・ニコロディ 瀬尾恵子
デ・ウィット(錬金術師) フィリップ・ルロワ
ジゼル(博物館副館長) コラリーナ・カタルディ・タッソーニ

スタッフ[編集]

  • 監督:ダリオ・アルジェント
  • 製作総指揮:カーク・ダミコ
  • 製作:クラウディオ・アルジェント、ダリオ・アルジェント、マリーナ・ベルルスコーニ、ジュリア・マルレッタ
  • 共同製作:リー・ウィルソン
  • 脚本:ジェイス・アンダーソン、ダリオ・アルジェント、ウォルター・ファサーノ、アダム・ギーラッシュ、シモーナ・シモネッティ
  • 音楽:クラウディオ・シモネッティ
  • 撮影監督:フレデリック・ファサーノ
  • 編集:ウォルター・ファサーノ
  • 美術:フランチェスカ・ポッカ、ヴァレンティーナ・フェッローニ
  • 衣装:ルドヴィカ・アマーティ
  • 特殊メイク:セルジオ・スティヴァレッティ
  • 視覚効果監修:リー・ウィルソン
  • 視覚効果:アンセム・ビジュアル・エフェクツ

各国のレイティング[編集]

過激な暴力シーンや性表現があるため、各国のレイティング事情に合わせて、98分(日本、アメリカ)、102分(ノーカット版)、90分(アルゼンチン)と、複数のバージョンが存在する。

  • イタリア:VM18(劇場審査)、VM14(再審査)
  • アメリカ合衆国:R(カット版)、未審査(ノーカット版)
  • 日本:審査予定(カット版)、未審査(ノーカット版)
  • イギリス:18
  • ドイツ:18(カット版)
  • アルゼンチン:18(カット版)
  • オランダ:16
  • オーストラリア:R

備考[編集]

  • 日本でのキャッチコピーは「三度目の約束です。決してひとりでは見ないで下さい」であった。
  • 日本公式サイトには“Suspiria3”(サスペリア3)という英題が付けられている。
  • 同じく日本公式サイトに、小説家よしもとばななと、綾辻行人がメッセージを寄せている。
  • 日本での劇場公開に当たっては、イメージ・キャラクターに杉本有美を起用。魔女に扮した杉本が、各種メディアで当作品のPRに臨んでいた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]