4匹の蝿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
4匹の蝿
4 mosche di velluto grigio
Four Flies on Grey Velvet
監督 ダリオ・アルジェント
脚本 ダリオ・アルジェント
原案 ダリオ・アルジェント
ルイジ・コッツィ
マリオ・フォリエッティ
製作 サルヴァトーレ・アルジェント
出演者 マイケル・ブランドン
ミムジ・ファーマー
ジャン=ピエール・マリエル
バッド・スペンサー
フランシーヌ・ラセット
アルド・バフィ・ランディ
カリスト・カリスチ
マリサ・ファブリ
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 フランコ・ディ・ジャコモ
編集 フランソワーズ・ボノ
配給 イタリアの旗 セダ・スペッタコリ
日本の旗CIC(初公開)
キングレコード+iae(リバイバル)
公開 イタリアの旗 1971年12月17日
日本の旗 1973年4月21日
2010年6月19(リバイバル)
上映時間 104分
製作国 イタリアの旗 イタリアフランスの旗 フランス
言語 イタリア語
テンプレートを表示

4匹の蝿』(: 4 mosche di velluto grigio: Four Flies on Grey Velvet)、は、1971年イタリアで製作されたサスペンス映画

ストーリー[編集]

ロックバンドのドラマーをしているロベルトは、執拗に自分をつけ回すサングラスと黒衣で身を固めた謎の男に悩まされていた。

ある晩、バンド仲間とのセッションを終えたロベルトは、薄暗い街路から自分を見つめる例の男を発見し、足早に立ち去る男を追って無人の劇場に辿り着く。

つけ回されることへのいらだちから男との口論の末、ナイフで威嚇されたロベルトは、男からナイフを奪おうとしたところ、誤って相手を刺してしまった。すると、無人の2階席から突然現れた不気味な仮面を被った人物によって、その惨状を写真に撮られてしまう。

それを契機に、ロベルトの周囲で無言電話や現場を捉えた写真が舞い込むなどの脅迫が始まる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本 - ダリオ・アルジェント
  • 製作 - サルヴァトーレ・アルジェント
  • 原案 - ダリオ・アルジェント、ルイジ・コッツィ、マリオ・フォリエッティ
  • 音楽 - エンニオ・モリコーネ
  • 撮影監督 - フランコ・ディ・ジャコモ
  • 編集 - フランソワーズ・ボノ
  • 美術 - エンニオ・サバティーニ

備考[編集]

  • 原題に動物が入っている、ダリオ・アルジェントの初監督作品『歓びの毒牙』(原題『水晶の羽を持つ鳥』)、2作目『わたしは目撃者』(原題『9尾の猫』)に続く、“動物三部作”の最後を飾る作品となっている(本作の原題は、『灰色びろうどの上の4匹の蝿』)。
  • 本作はイタリアでの公開後にパラマウントが世界配給権を取得し、フランスのマリアンヌ・プロと提携してフランスとベルギーの配給権を依託した。それ以来、アルジェント側はパラマウントに完全に買い上げられたと認識し、ソフト化の依頼を受けても断ってきた(権利が別扱いとなるフランスでは、何度かビデオが発売されている)。しかし、近年になってこの契約が製作から20年の期限つき権利譲渡であることが判明し、1991年には権利が製作元であるセダ・スペッタコリに戻るが、会社は1983年に倒産しており、現存していなかった。そのために約10年間、ネガの所在が明らかながら権利上から手を付けられない封印状態にあったが、アルジェントは弟のクラウディオと共に権利を自分たちの元に取り戻し、40年近い歳月を経て待望のソフト化が実現した。
  • 前述の経緯から、日本でも初公開である1973年以来ビデオは未発売状態にあったが、2010年6月19日にリバイバル上映が実現し、同年11月10日にはDVDで初のソフト化が実現した。

外部リンク[編集]