サケイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サケイ
サケイ
サケイ Syrrhaptes paradoxus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: サケイ目 Pteroclidiformes
: サケイ科 Pteroclididae
: サケイ属 Syrrhaptes
: サケイ S. paradoxus
学名
Syrrhaptes paradoxus (Pallas1773)
和名
サケイ(沙鶏)
英名
Pallas's Sandgrouse
サケイの卵

サケイ(沙鶏、学名 Syrrhaptes paradoxus)は、鳥類サケイ科の1種である。

分布[編集]

ゴビ砂漠のサケイ

旧北区中国北部から、モンゴル中央アジアカスピ海東岸までの内陸に生息する。

通常は渡りをしないが、個体数が増えたときは遠方まで飛ぶことがあり、1906年にはヨーロッパに大群が訪れた。日本では迷鳥で、10例ほどの観察記録がある。

形態[編集]

全長約38cm。体は太り気味で足が短い。翼は長く、先がとがっている。顔は澄褐色、体はやや灰色がかっている。

標本の消失[編集]

1970年に南三陸町で保護され、その数日後に死亡した個体の標本志津川愛鳥会親交会が所蔵していた。この標本は、山階鳥類研究所への寄贈が決まり、2011年4月以降に移動させる予定だったが、東日本大震災で失われた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日新聞、大阪本社版、朝刊 13版 25頁、2011年11月3日

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「サケイ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類