サキシトキシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サキシトキシン
識別情報
CAS登録番号 35523-89-8 チェック
PubChem 37165
KEGG C13757
特性
化学式 C10H17N7O4
モル質量 299.29 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

サキシトキシン: SaxitoxinSTX)は、主にアレクサンドリウム属Alexandrium catenella など)の赤潮を形成する有毒渦鞭毛藻がつくる麻痺性物の一種。その藻類を食べることで、通常は毒を持たない貝類などが毒化することがある。また、水の華を形成するシアノバクテリア (Anabaena circinalis) や淡水性ラン藻 (Aphanizomenon flos-aquae) などが生産するシアノトキシンの一種であるが、生合成経路は未解明である[1][2]

サキシトキシンは1962年北米産の二枚貝学名にちなみ命名され[3]1975年にSchantzら[4]、Rapoportら[5]によって、X線結晶構造解析により構造決定された。サキシトキシンには約30種の同族体が存在する。

主な保有生物[編集]

テトロドトキシンと共にフグ毒の成分のひとつ。フグのほか麻痺性貝毒の代表的な成分で主に二枚貝のムラサキイガイマガキアサリホタテガイなどの中腸腺に蓄積される事がある。また、房総半島以南の磯周りに普通に分布するオウギガニ科のカニは筋肉に蓄積することがある。パナマ産のヤドクカエルの一種 (Atelopus zeteki) も保有することが報告されている[6]

毒素除去に関する研究
サキシトキシン分解能力を有するエンテロバクター属の微生物菌体を含む餌を毒素保有貝に与え、除去する研究が行われている[7]

毒性[編集]

テトロドトキシンと同様に神経などのNa+チャネルを阻害し、麻痺や、重度の場合には呼吸困難を引き起こし、最終的には呼吸麻痺で死に至る。有効な治療法は確立されていない。

臨床応用[編集]

テトロドトキシンと同様の薬理作用を有する事から麻酔薬として用いる。特に、長期間の鎮痛効果が期待されている。

関連法規[編集]

化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律で特定物質に指定されており製造、使用、所持などが厳しく規制されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Clark RF, Williams SR, Nordt SP, Manoguerra AS (1999). “A review of selected seafood poisonings”. Undersea Hyperb Med 26 (3): 175–84. PMID 10485519. http://archive.rubicon-foundation.org/2314 2008年8月12日閲覧。. 
  2. ^ Landsberg JH, 2002. The effects of harmful algal blooms on aquatic organisms. Reviews in Fisheries Science, 10(2): 113–390.
  3. ^ Wolfgang Schuett, Henry Rapoport (1962). “Saxitoxin, the Paralytic Shellfish Poison. Degradation to a Pyrrolopyrimidine”. J. Am. Chem. Soc. 84 (11): 2266-2267. doi:10.1021/ja00870a056. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ja00870a056. 
  4. ^ E. J. Schantz, V. E. Ghazarossian, H. K. Schnoes, F. M. Strong, J. P. Springer, John O. Pezzanite, Jon Clardy (1975). “Structure of saxitoxin”. J. Am. Chem. Soc. 97 (5): 1238-1239. doi:10.1021/ja00838a045. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ja00838a045. 
  5. ^ Jon Bordner, William E. Thiessen, Hans A. Bates, Henry Rapoport (1975). “The structure of a crystalline derivative of saxitoxin. The Structure of saxitoxin”. J. Am. Chem. Soc. 97 (21): 6008-6012. doi:10.1021/ja00854a009. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ja00854a009. 
  6. ^ 両生類の毒 東北大学大学院農学研究科・農学部
  7. ^ 麻痺性貝毒の除去方法及びそれに用いる微生物

関連項目[編集]

外部リンク[編集]