マウスユニット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マウスユニット
mouse unit
ハツカネズミ
記号 MU
毒の量
定義 体重20グラムのマウスに毒性物質を腹腔投与した際、麻痺性貝毒では15分、下痢性貝毒では24時間、フグ毒では30分で死亡させる毒の量
テンプレートを表示

マウスユニット (MU) は、およびフグ等様々な毒素の影響量に対する単位。体重20グラムのマウスに毒性物質を腹腔投与した際、麻痺性貝毒では15分、下痢性貝毒では24時間、フグ毒では30分で死亡させる毒の量が1MUと定義されている。

なお、個人差や毒の種類などで違いはあるが、体重60kgのヒトの経口致死量はおよそ3000〜20000MUと考えられている。

食品衛生法上の規制[編集]

アサリカキホタテなどの本来は毒を持たない類も、有毒プランクトンAlexandrium属など)の影響により毒化することがある。日本では1970年代後半に、貝毒による食中毒が多発したことから、これを防止するための水産庁通達「麻痺性貝毒に対する措置について」(1978年)で、市場流通品の貝に含まれる毒量の基準が設けられた。

2006年現在の食品衛生法では可食部1グラム中に含まれる麻痺性貝毒は4MU以下、下痢性貝毒は0.05MU以下と規定されており、この値を上回った場合は出荷の自主規制などの措置を行う。この規制により、近年は市場流通品の貝による貝毒の食中毒は発生していない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]