ゴンズイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴンズイ
Image-Striped eel catfish2.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 魚上綱 Pisciformes
: 硬骨魚綱 Osteichthyes
: ナマズ目 Siluriformes
: ゴンズイ科 Plotosidae
: ゴンズイ属 Plotosus
: ゴンズイ P. japonicus
学名
Plotosus japonicus
Yoshino and Kishimoto, 2008
和名
ゴンズイ(権瑞)
英名
Japanese eel catfish
「ごんずい玉」

ゴンズイ(権瑞、学名 Plotosus japonicus)は、体長10cm~20cmに達するナマズ目海水魚である。

概要[編集]

茶褐色の体に頭部から尾部にかけて2本の黄色い線がある。集団で行動する習性があり、特に幼魚の時代に著しい。幼魚の群れは巨大な団子状になるため、「ごんずい玉」とも呼ばれる。この行動は集合行動を引き起こすフェロモンによって制御されていることが知られている。

背びれ胸びれの第一棘条には毒があり、これに刺されると激痛に襲われる。なお、この毒は死んでも失われず、死んだゴンズイを知らずに踏んで激痛を招いてしまうことが多いため、十分な注意が必要である。

もともとナマズの仲間なため、成魚になるとナマズとよく似た姿となり地方によっては味噌汁天ぷらなどで食される。

他の魚と同様、ギギ、ハゲギギ、ググといった、地方ごとにさまざまな呼称があるという。

近似種[編集]

ミナミゴンズイ at Bunaken National Park.

近似種にミナミゴンズイ: Striped eel catfish、学名:Plotosus lineatus) (Thunberg, 1787) がいるが、鰓耙数、垂直鰭の軟条数、脊椎骨数に差異があるが、外形での同定は困難である。基本的にゴンズイは本州から沖縄県に分布し、ミナミゴンズイは九州から琉球列島、インド洋、西太平洋に広く分布する。この2種は長らく同種とされていたが 2008年に別種とされた。

参考文献[編集]

Yoshino, T and H. Kishimoto. 2008. Plotosus japonicus a new eeltail catfish (Siluriformes: Plotosidae) from Japan. Bull. Natl. Mus. Nat. Sci. Ser. A, Suppl., 2, 1-11.